都内初の独自電子観測点を東京農業大学世田谷キャンパスに設置【JESEAと東京農大、地震予測手法の確立へ向け共同研究開始】

東京農業大学 2017年08月31日

From Digital PR Platform


東京農業大学(東京都世田谷区桜丘1-1-1、学長:高野克己)は、JESEA(ジェシア、正式名称:株式会社地震科学探査機構、代表取締役:橘田寿宏)の受託研究「衛星測位データを利用した首都圏の地震予測に関する研究」の一環として、地震のより正確で迅速な予測のため、同大の世田谷キャンパス内に電子観測点を設置した。


 JESEAは、現在ユーザー数6万人超の世界最大級の地震予測の民間会社である。
 これまでは、全国に1300点ある国土地理院の電子基準点データの高度な解析により、地震予測を実施してきた。しかし、これらはタイムラグがあるため、リアルタイムに24時間の観測ができる電子観測点をNTTドコモの協力により全国に整備してきた。今回の観測点を加え18点の独自電子観測点網が完成した。
 特筆すべきは、東京都内初の独自電子観測点であるということである。
 東京農業大学世田谷キャンパス(東京都世田谷区桜丘1-1-1)は、設置場所の条件、(1)上空が開けている、(2)強固な地盤(河川敷のような柔らかい地盤ではない)――をどちらも満たしており、今後の地震予測と共同研究に有効利用していく。

 東京農業大学からは國井洋一准教授、関山絢子准教授、JESEAからは取締役会長の村井俊治東京大学名誉教授が協力し、平成29年度から3年間にわたり共同研究を行う。世田谷キャンパス内に設置した電子観測点のデータを使い、人工知能(AI)を利用したより高度な地震予測手法の確立を目指す。

※リリース原文は添付ファイルをご覧ください。

▼このリリースに関する問い合わせ先
 学校法人東京農業大学戦略室 上田・後藤
 〒156-8502 世田谷区桜丘1-1-1 
 TEL: 03-5477-2300
 FAX: 03-5477-2707
  (リンク »)

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]