未来の学生に何を知られたい?ETSとTOEFL(R)が英語キャンペーン

Educational Testing Service 2017年09月26日

From 共同通信PRワイヤー

未来の学生に何を知られたい?ETSとTOEFL(R)が英語キャンペーン

AsiaNet 70259 (1479)

【プリンストン(米ニュージャージー州)2017年9月26日PR Newswire=共同通信JBN】
*クラスの学生に何をタイムカプセルに入れるべきか考えるよう促す英語プロジェクト

すべての英語教師と学生に向けたアピール!未来の誰かに過去をのぞく窓を提供し、現在の学生が教室でどんな生活を送っているか垣間見せることができたら、と想像してみて下さい。未来の人と共有したいものは何でしょう?

Video - (リンク »)

Educational Testing Service(ETS)とTOEFL(R)プログラムは2017年9月から、英語を学ぶ全世界の学生に向けて第4回「TOEFL(R) Young Students Series GO English!」プロジェクトに参加するよう呼び掛けている。

「あなたのタイムカプセル。あなたの言葉で」をキャッチフレーズにした今年のプロジェクトでは、教師と学生に向け今日の時点で自分たちにとって大事なアイテムは何か、それをタイムカプセルに入れたい理由は何か、クラス全体の意見を聞きたいと考えている。例えば、好きなゲーム、本、スポーツ、学校行事、食べ物、教科など。それをビデオ、ラジオ番組、ポスター、新聞発表などの形で、ぜひ英語のスキルを披露してもらいたい。

このプロジェクトについての詳しい情報はウェブサイト(www.ets.org/toefl/goenglish )を参照。また、昨年の「TOEFL Young Students Series GO English!」プロジェクトのハイライト・ビデオをウェブサイト( (リンク ») )でチェックすることもお忘れなく。

ETSのデービッド・ペイン副社長兼最高業務責任者(COO)は「2016-17年度のTOEFL Young Students Series GO English!プロジェクトには世界31カ国から1万人以上の学生が参加した。ますます重要になる英語のスキルを伸ばす機会を引き続き若い英語学習者に提供できることを喜んでいる」と述べた。

2017-18年のキャンペーンでは、学生は2018年1月31日までにクラスとしてのプロジェクトを提出するよう求められている。参加校に対しては盾、普及用のアイテム、教材、証明書などが送られる。

▽TOEFL Young Students Seriesについて
「TOEFL(R)Young Students Series」は英語のスキルを開発するための正しい基礎を作る目的で作られ、年齢に適した製品、サービス、評価を特色としており、その中には若い学生が次の学習レベルに進むためのガイダンスの手助けをする「TOEFL Junior(R)」や「TOEFL(R)Primary(TM)」テストが含まれる。

▽ETSについて
ETSは厳格な調査に基づいた評価方法を創設し、世界の人々の教育の質および公平性を推進している。ETSは教職課程、英語学習、初等・中等・後期中等教育向けにカスタマイズされたソリューションを提供し、さらに教育研究、分析、政策研究を行うことで、個人、教育機関、および政府省庁に貢献している。ETSは1947年に非営利団体として創設され、年間を通して世界180カ国以上、9000以上の場所で5000万回以上のテストの開発、管理、採点を行っており、その中にはTOEFL(R)とTOEIC(R)テスト、GRE(R)テスト、The Praxis Series(R)評価などが含まれる。
www.ets.org

ソース:Educational Testing Service

▽問い合わせ先
Jason Baran
1-609-683-2428
jbaran@ets.org

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。