電通、社会的責任投資指標「DJSI Asia Pacific」の構成銘柄に2年連続で選定される

株式会社電通 2017年09月27日

From 共同通信PRワイヤー

2017年9月27日

株式会社 電 通

電通、社会的責任投資指標「DJSI Asia Pacific」の構成銘柄に2年連続で選定される

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、世界的な社会的責任投資(Socially Responsible Investment (SRI))指数である「Dow Jones Sustainability Indices (DJSI)」のアジア・パシフィック版「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・アジア・パシフィック・インデックス(DJSI Asia Pacific)」を構成する銘柄に2年連続で選定されました。

 DJSIは、世界の金融市場指数を提供する米国のS&P Dow Jones Indices社と、社会的責任投資に関する調査・格付け企業であるスイスのRobecoSAM社が共同で開発した株式指数で、従来の財務分析に加え、社会・環境などへの取り組みにも視野を広げて企業の持続可能性(サステナビリティ)を測定するもので、総合的に優れた企業が選定されています。DJSI Asia Pacificは、アジア・太平洋地域の主要企業約600社を対象に、今年度は152社(うち日本企業72社)が選定されました。

 今後も当社グループは、コミュニケーションを通して、人へ、社会へ、新しい価値をもたらす役割を担うとともに、「電通グループ中期CSR計画2020」※を推進することで、サステナブルな社会の実現と持続的な企業価値の向上に努めてまいります。


【DJSIのロゴマーク】
※添付のPDFをご参照ください。

【DJSIのウェブサイト】
  (リンク »)

以 上

※「電通グループ中期CSR計画2020」
 CSR理念である「電通グループ行動憲章」のもと、4つの重点領域と国内・海外の
 共通目標を定めた2020年をターゲットとした5カ年からなる中期CSR計画。
 詳細は当社ウェブサイトをご覧ください。
 URL: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]