クアンタム、Veritone aiWARE人工知能 (AI) プラットフォーム搭載 Xcellisワークフロー・ストレージを出荷開始

日本クアンタムストレージ株式会社 2017年09月27日

From Digital PR Platform


日本クアンタムストレージ株式会社(東京都港区、以下、クアンタム)は、Veritone(ベリトン)社(NASDAQ:VERI)のオンプレミス&クラウド版人工知能 (AI) プラットフォーム aiWARE(TM) for Xcellis(R)を発表します。
VeritoneのマルチエンジンAI機能をQuantum StorNext(R)管理環境に取り込むaiWARE for Xcellisは、Veritoneの認知サービス/アプリケーション (まずは、最初のネットワーク分離型エンジンとして、光学式文字認識 (OCR)、オブジェクト検出、音声からテキストへの変換) を活用し、オンプレミスのビデオ/音声コンテンツから新たな価値を引き出すことを可能にします。企業のファイアウォールの背後に強力なAI処理を配置したこの統合ソリューションは、オンプレミス・ストレージに多大な投資を行う企業や、クラウド・ストレージの遅延やコスト、セキュリティに懸念を抱いている企業に最適です。

<AIでメディアの価値を最大化>
メディア企業は、認知エンジンを使用してコンテンツをより迅速に、より深く掘り下げることで、優れたインサイトを得てビジネスと組織の成功を推進することができます。たとえば、aiWARE for Xcellisは以下のことを可能にします。
· 既存コンテンツに対する堅牢なメタデータ・タグ付け機能により、よりカスタマイズされたビデオ・オン・デマンドを作成。
· ロゴおよび音声とテキストのブランド統合が放送メディアや再配信されるクリップに出現する場所と頻度を特定し、スポンサーにより良いROIデータを提供。
· コンテキスト・ベースの検索と検出の強化により、ポストプロダクション作業を加速。

<クアンタムとVeritoneで認知分析を最適化>
認知エンジンは、分析対象データが多いほど、真価を発揮します。クアンタムのStorNext搭載XcellisとVeritone aiWAREを組み合わせることで、これまではAIの適用に利用できなかったオンプレミスのコンテンツにAIを適用し、新しいコンテンツがキャプチャされると同時にそのコンテンツを分析用に追加することができるようになりました。この統合ソリューションでは、進化を続けるVeritoneのベスト・オブ・ブリードのクラウド型認知エンジンを、単体またはオンプレミス型エンジンと連携して、必要に応じて適宜、活用可能です。

<提供開始時期、価格および導入オプション>
aiWARE for Xcellisは、出荷を開始しています。価格など詳細は、当社販売パートナーにお問い合わせください。
以下の3種類の初期導入オプションがあります。「Embedded」は既存のXcellisワークフロー・ストレージ・システムへのコンテナ導入向け、「Standard」は処理性能向上のためXcellis Application Directorに配信、「High Performance」はプロセッシング・コアと拡張メモリが追加された拡張版Xcellis Application Directorをベースとしています。この統合ソリューションは、環境の成長に応じてアプライアンスを追加でき、拡張も容易です。

<支持表明>
Chesapeake Systems社 最高売上責任者、Nick Gold氏
「当社のお客様はコンテンツ・リポジトリのマイニングに認知エンジンを利用できるようになったことを非常に喜んでいます。aiWARE for Xcellisが提供されるまで、オンプレミスのコンテンツとAI処理をスムーズに統合する方法はありませんでした。クアンタムのアプローチは、優れた柔軟性とオプションでクラウド型エンジンへのアクセスとすべてのオーケストレーションを維持しつつ、オンプレミスの課題を解決します。」

クアンタム メディア&エンターテインメント・ソリューション・マーケティング部門シニア ディレクター、Keith Lissak
「AIとオンプレミス・ストレージの統合により、膨大なメディア・ライブラリをクラウドに移動するためのコストや手間をかけずに、ビデオおよび音声コンテンツに認知分析を適用し、堅牢なメタデータを生成できるようになりました。これは多くのメディア企業にとって、ライブラリの収益化の新たな可能性を開く、画期的な機能となるでしょう。」

<その他資料>
• aiWARE for Xcellisの詳細: (リンク »)
• Xcellisワークフロー・ストレージについて: (リンク »)
• StorNext 6の詳細: (リンク »)


クアンタムについて
クアンタムは、スケールアウト階層ストレージ、アーカイブ、データ保護を専門とするリーダー企業です。クアンタムのStorNextプラットフォームは、最先端の高性能ワークフローを支え、シームレスなリアルタイムコラボレーションを可能にするとともに、コンテンツを将来の用途や再マネタイズのため容易に活用できるよう維持します。大規模な行政機関、放送局、研究機関、一般企業を含む10万社以上のお客様がクアンタムを利用して、その最も過酷なコンテンツワークフローのニーズを満たしています。クアンタムを利用されるお客様は、インジェストからフィニッシング、配送、長期保管まで資産の管理に必要とされる包括的なストレージプラットフォームを手にすることになります。詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

お問い合わせ
日本クアンタムストレージ株式会社 ( (リンク ») )
email: japan_info@quantum.com
Tel: 03-4360-9255(代表)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。