バイオ医薬品下流処理を改善するEUのHorizon2020プログラムのアップデートをメルクが提供

メルク(Merck) 2017年09月28日

From 共同通信PRワイヤー

バイオ医薬品下流処理を改善するEUのHorizon2020プログラムのアップデートをメルクが提供

AsiaNet 70299 (1502)

【ダルムシュタット(ドイツ)2017年9月27日PR Newswire=共同通信JBN】
*スロベニアにあるサンド(Sandoz)の企業であるLek Pharmaceuticalsが主導しているnextBioPharmDSP Horizon 2020プロジェクトは研究とイノベーションをサクセスストーリーとして強調している。

*EUに対する18カ月のマイルストーン提出を完了した。

*メルクは継続、フロースルー下流処理アプローチとシングルユース・システムの専門知識を提供する。

サイエンスとテクノロジーの大手企業メルク(Merck、 (リンク ») )は27日、バイオ医薬品の下流処理を改善するための研究、イノベーションのEUのフレームワークプログラムであるHorizon 2020( (リンク ») )への参加に関するアップデートを発表した。

Photo - (リンク ») メルク_Horizon_2020_Infographic.jpg

7つの公共、民間組織のコンソーシアムであるnextBioPharmDSPはモノクローン抗体とバイオシミラーを製造するためのより効率的で、コスト効果が高く、環境にやさしい下流処理を開発している。プロセス・モニタリングのための先進的な分析ツールに対するその努力の集中はすでにより多くの発表と2件の特許申請をもたらしており、追加的な発表と特許申請がプロジェクトのほかの分野で準備されている。このコンソーシアムは18カ月の定期リポートが承認を受けており、このプロジェクトは欧州委員会研究・イノベーション総局によってサクセスストーリーとして強調された。

ウディット・バトラ取締役兼ライフサイエンス最高経営責任者(CEO)は「バイオ医薬品業界は環境に責任を負いながら製造コストを削減し、効率を高めるという圧力に直面している。メルクのような企業とその顧客にとっては業界規模の挑戦に対処し、必要とする患者に薬を届けるプロセスを速めるのを助けることが重要である。Horizon 2020プログラムを通じてコンソーシアムのメンバーはすでに下流処理に重要な進展をもたらしている」と語っている。

協力の結果には、下流ユニット事業のサイズと数の削減と遠心分離の必要の除去が含まれる。キャプチャーステップの代替手法は効率を改善し、高価な樹脂量の必要を減らすと期待されている。沈殿によるキャプチャーもAタンパク質クロマトグラフィーに代わる手段として研究されている。

使い捨ての継続クロマトグラフィー・システムが新しい分析ツール、センサーとともに開発中であり、これらは下流処理のほかの部分でも実行されている。継続的手法での不純物を除去するために、すべての下流処理事業向けのシングルユースの使い捨て技術の評価が行われ、研磨段階のフロースルー手法が実行される。選ばれた手法が接続された継続的下流シングルユース処理に組み込まれる。

ノバルティスの生物学的技術開発製造ユニットのウロス・ウルレブ技術開発バイオシミラーグローバル責任者は「次世代のバイオ処理戦略は、高品質の医薬品を効率よく、コスト効率高く供給するわれわれの業界の能力を改善するだろう。このコンソーシアムは在来型の製造ワークフローに新たな手法を提供しつつあり、われわれは自分たちの努力の結果が能力の必要の変化への対応を助け、持続的な薬の供給と重要な環境への利益を可能にすると期待している」と述べている。

nextBioPharmDSPは7年間(2014年から2020年まで)に約800億ユーロの資金を利用できるこの種では最大のEUベースのプログラム、Horizon 2020イニシアチブの一部である。このプログラムはイノベーションへの障壁を除去し、官民が協力することによって欧州が世界クラスの科学を生み出せるようにすることを目指す。実験室から市場へ偉大なアイデアをもたらすことによってより多くのブレークスルー、発見、世界初を約束する。

このプロジェクトはスロベニアにあるサンドの企業であるLek Pharmaceuticalsがコーディネートしている。コンソーシアムのメンバーにはサンド(Sandoz GmbH)(オーストリア)、ウィーン天然資源・生命科学大学(オーストリア)、カールスルーエ技術研究所(ドイツ)、国立化学研究所(スロベニア)、National Systems srl(イタリア)が含まれている。メルクはフランス子会社のMillipore S.A.S.を通じてコンソーシアムに参加している。詳しい情報はプロジェクトのウェブサイト (リンク ») を参照。

▽メルクについて
メルクはヘルスケア、ライフサイエンス、パフォーマンスマテリアルズにおける世界有数のサイエンス・テクノロジー・カンパニーである。がんや多発性硬化症を治療するためのバイオ医薬品療法から、科学研究・生産のための最先端のシステム、スマートフォンや液晶テレビ向けの液晶材料に至るまで、約5万人の従業員が人々の暮らしを改善、向上させる技術の一層の開発のために働いている。2016年、メルクは66カ国で150億ユーロの売上高を計上した。

1668年創設のメルクは世界で最も歴史のある医薬・化学品会社である。創業者一族は今でも上場企業グループの株式の過半数を所有している。メルクは「メルク」の名称およびブランドのグローバルな権利を保有している。唯一の例外は米国とカナダで、両国ではEMDセローノ、ミリポアシグマ(MilliporeSigma)、EMDパフォーマンスマテリアルズとして事業を行っている。

メルク社のすべてのニュースリリースは電子メールで配信されると同時に、メルクのウェブサイトで入手できる。オンライン登録、選択変更ないしサービス中止はwww.merckgroup.com/subscribe にアクセスを。

参考:
このプロジェクトは資金供与合意No 635557に基づいて欧州連合(EU)のHorizon2020研究とイノベーション・プログラムからから資金提供を受けている。

ソース:メルク

▽問い合わせ先
Karen Tiano  +49 6151 72 44461

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]