エイチ・オー・エス 帳票管理製品を新規購入者へ無償提供

株式会社エイチ・オー・エス 2017年10月03日

From DreamNews

帳票開発ツール「シーオーリポーツ」の開発・販売を行っている株式会社エイチ・オー・エスは、2017年10月2日よりユーザ主導型帳票生成ツール「帳票クリエータ」の新規購入者に対して、帳票管理基盤ミドルウェア「帳票管理サーバ」を無償提供いたします。
 また、他アプリケーションによる帳票レイアウトを「帳票クリエータ」で利用できる帳票ファイルに取り込む機能(帳票設計サポート機能)も新たに提供いたします。

 エイチ・オー・エスの提供する帳票ツール製品「シーオーリポーツ」ブランドには、「シーオーリポーツ 帳票クリエータ(以下 帳票クリエータ)」「シーオーリポーツ 帳票管理サーバ(以下 帳票管理サーバ)」などがあり、それぞれ Java や .NET に対応した製品を提供しています。

■ 「帳票管理サーバ」を無償提供
 2017年10月2日以降に「帳票クリエータ」をご購入いただいた方へ、「帳票管理サーバ」を無償提供いたします。
 「帳票クリエータ」は、帳票の設計から帳票システムの開発、帳票の生成までをカバーする製品です。今回、「帳票クリエータ」の新規購入者へ無償提供する「帳票管理サーバ」と組み合わせることで、帳票の管理、閲覧、削除までを含めた、帳票ライフサイクルを一貫してサポートすることができるようになります。


 「帳票クリエータ Ver.3 for .NET 開発者ライセンス」または「帳票クリエータ Ver.3 for .NET サーバライセンス」をご購入の場合、「帳票管理サーバ for .NET サーバライセンス (5ユーザ版)」を無償提供いたします。
 「帳票クリエータ Ver.3 for Java 開発者ライセンス」または「帳票クリエータ Ver.3 for Java サーバライセンス」をご購入の場合、「帳票管理サーバ for Java サーバライセンス (5ユーザ版)」を無償提供いたします。

※ 「帳票管理サーバ」を6ユーザ以上でご利用いただく場合は、別途ライセンスの購入が必要です。

■ 帳票設計サポート機能の拡充
 2017年11月に提供開始予定の「シーオーリポーツ」「帳票クリエータ」において、Excel ファイルやXPS ファイルから帳票レイアウトを取り込みできる、帳票設計サポート機能を拡充いたします。この帳票設計サポート機能により、既に他のアプリケーションなどで生成された帳票レイアウトを「帳票クリエータ」で利用できる帳票ファイルに容易に取り込みできます。

< CSV ファイルからの帳票出力項目自動生成機能 >
 CSV ファイルから帳票の出力項目を自動生成できるようになります。
< Excel ファイル、XPS ファイルからの帳票レイアウト自動生成機能 >
 Excel ファイルやXPS ファイルなどで生成された帳票レイアウトを取り込みできるようになります。

※ XPS ファイルが生成できるプリンタドライバを活用することで、様々なファイル形式に対応できます。

「シーオーリポーツ」ブランドの各製品の体験版は、当社サイトからダウンロードできます。

当社サイトURL : (リンク »)


エイチ・オー・エスについて
 1988年12月設立。1995年3月Windows用帳票開発ツール「シーオーリポーツ」を発表。その後、20年間に渡り、国産帳票ツール「シーオーリポーツ」ブランドを開発、販売している。
「シーオーリポーツ」ブランドは、帳票機能を実現するミドルウェア。ランタイムを除く出荷ライセンスは、累計30,000本超の販売実績があり、品質と機能に厳しい金融、生損保、医療、自治体、官公庁などのお客様に長年に渡り利用されている。また、医療、会計、BI、EDI等の分野の著名パッケージ製品の帳票機能としても「シーオーリポーツ」ブランドが採用されている。






関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エイチ・オー・エスの関連情報

株式会社エイチ・オー・エス

株式会社エイチ・オー・エスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]