“わせでん”にて稲刈り式典を開催 農学部のない早稲田大学で、構内に田んぼを造成

早稲田大学 2017年10月05日

From 共同通信PRワイヤー

2017-10-5

早稲田大学広報室広報課

“わせでん”にて稲刈り式典を開催 農学部のない早稲田大学で、構内に田んぼを造成

早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)は10月12日(木)に、早稲田キャンパスの大隈庭園に造成した田んぼで稲刈り式典を開催します。

田んぼには、昨年度から熟成させている、学内や近隣の公園で集めた広葉樹などの落ち葉から作った自家製の落ち葉堆肥を投入しました。今年は量より質を重視し美味しいお米を作ることを目標とし、「彩のきずな」という品種のお米を栽培しました。

WAVOC公認プロジェクト学生NPO農楽塾は、農学部のない本学で、田んぼを育てることを中心に"農"に関する様々な活動を行っている団体です。2003年に設立されて以降、農村等における農作業の体験実習や食料・農業・農村に関する研究発表など様々な活動を行っています。

日時:2017年10月12日(木) 12:10開式
会場:早稲田大学大隈庭園(早稲田キャンパス)
品種:「彩のきずな」

【当日の流れ】
12:10開式、来賓ご挨拶、代表挨拶
12:30記念のひと刈り
12:40閉式、記念撮影
※雨天の場合は簡略化して決行の予定。

ご参考 学生NPO農楽塾ホームページ: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]