【下田海中水族館】フンボルトペンギンのお散歩を始めます。

藤田観光株式会社 2017年10月13日

From Digital PR Platform


体験型水族館「下田海中水族館(所在地:静岡県下田市3丁目22-31 総支配人:阪本 清嗣)」では、フンボルトペンギンのお散歩を始めますのでお知らせいたします。

<フンボルトペンギンのお散歩>
暑かった館内通路の温度も低くなったため、ペンギンたちのお散歩を始めます。
このお散歩は、日頃の運動不足解消のために1日1回、午前中の「ペンギンショー」終了後、ペンギン小屋周辺をお散歩致します。
当館では23羽の「フンボルトペンギン」を飼育しており、その日の体調にもよりますが、2羽~15羽のペンギンたちがお散歩いたします。
お散歩コースはペンギン任せになりますが、ヨチヨチ歩くかわいい姿をご覧いただけます。
(リンク »)

<<園内を気ままに歩くフンボルトペンギンたち>>
・催し物/時間/内容
・ペンギン餌付けショー/10:30~ 14:30~/フンボルトペンギンとオウサマペンギンの生態や体のしくみを係が紹介しながら餌をあたえるガイド給餌のお時間です。
・ペンギンと記念撮影/10:40~ 14:40~/専用の撮影台にフンボルトペンギンたちが歩いてやって来ます。ここではお客様のカメラ、携帯等で係が撮影する記念撮影タイムです。※無料(時間制限あり)
(餌付けショー終了後)
・ぺンギン餌やり体験/10:50~ 14:50~/フンボルトペンギンたちに餌をあげることができるお時間です。※有料(1 回200 円)(記念撮影終了後)
・フンボルトペンギンのお散歩タイム/10:55~/ペンギンプール周辺をお散歩するお時間です。
お散歩するペンギンたちを撮影することもできます。(餌やり体験終了後)

※天候、ペンギンの体調、その他都合により中止する場合があります。記念撮影、餌やり体験、お散歩やタイムの時間は目安です。

<フンボルトペンギン> ペンギン目、ペンギン科、フンボルトペンギン属
■分布:南アメリカ(フンボルト海流の影響があるチリの沿岸)
■生態:成長で約70cm、体重3.5kg~6kgとなる中型のペンギンで、野生化ではイワシなどの魚類、イカ等を捕食しています。巣は、岩穴や砂を掘ったトンネル内に作ることが多く、巣と海を往復する生活をしています。寿命は野生化で20年程度と言われています。
■現状:生息地は環境破壊、魚の乱獲(人と競合)、気象現象(エルニーニョ)等により減少。現在はレッドリスト入りし、ワシントン条約でも指定されている種ですが、日本では、飼育しやすい種のため、多くの水族館や動物園で飼育・繁殖しています。
(リンク »)   (リンク »)
(リンク »)   (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。