大京リフォーム・デザイン 「バーチャルリフォーム」を提供開始

株式会社大京 2017年10月20日

From Digital PR Platform


(リンク »)

大京グループでリフォーム事業を手掛ける株式会社大京リフォーム・デザイン(本社:東京都渋谷区、社長:豊田 耕三)は、リフォームを検討されるお客さまがイメージする、リフォーム後の室内の様子を、CG画像でリアルに作成し、VR(仮想現実)ゴーグルで確認できる新サービス「バーチャルリフォーム」の提供を10月より開始しますので、お知らせいたします。

大京グループでは、これまで大京穴吹不動産が2016年9月より、売買・賃貸物件をホームページ上で360度のパノラマ画像として閲覧できるサービス「ぐるっとネットdeオープンルームVR」を提供し、2017年2月には、VR技術を用いて定型のお部屋のリフォームパターンをご覧いただける「バーチャルリフォームルーム」を導入いたしました。

今回提供を開始する「バーチャルリフォーム」は、自宅などをオーダーメードでリフォームしたいと考えるお客さまが対象で、オーダーに沿ったリフォームイメージを最大3種類まで、プラン作成後3営業日でCG画像をご用意します。リフォーム予定の実際の室内に立ちVRゴーグルを使用すると、現状のお部屋が一瞬でリフォーム後に変わるような感覚を体験していただけます。これによりお客さまはパース図面よりもリフォーム後の室内がイメージしやすくなるほか、プランナーや工事店がリフォームイメージを共通認識することもでき、品質管理の向上や業務の効率化も期待されます。

少子高齢化が進行し、住宅ストック数が世帯数を上回り、空き家の増加も生ずる中、「いいものを作って、きちんと手入れして、長く使う」社会に移行することが重要であり、そのためには、既存住宅の品質・性能が、消費者にわかりやすい形で評価されることが急務で、政府は既存住宅、リフォーム市場の環境整備を進めています。(国土交通省HPより)

大京グループは、中期経営計画「 Make NEW VALUE 2021 ~不動産ソリューションによる 新・価値創造」で、「ストック型社会の実現に向け、不動産ソリューションで新たな価値を創造し、次世代に継承される社会の資産を蓄積する」ことを掲げ、事業展開を行っています。本サービスの提供により、お客さまによりわかりやすいリフォーム提案を行うことで、中古住宅に新たな価値を提供し、リフォーム市場の活性化に取り組んでまいります。

(リンク »)   (リンク »)


※詳細はリリースをご参照ください




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]