『auピタットプラン』 新CM 「愛の歌」篇  2017年11月1日(水)よりOA開始

KDDI株式会社 2017年11月01日

From 共同通信PRワイヤー

2017年11月1日

KDDI

小林幸子さんと梅沢富美男さんが初のデュエット!
新CM楽曲『愛の歌』は、桃太郎とかぐや姫の日常を“ピタッと”表現!
『auピタットプラン』 新CM 「愛の歌」篇
2017年11月1日(水)よりOA開始

KDDI、沖縄セルラーはauの“三太郎シリーズ” 「愛の歌」篇のTVCMを、2017年11月1日(水)より全国で放映開始します。
 新CMは、小林幸子さんと梅沢富美男さんが歌う新CM楽曲『愛の歌』にのせて、桃太郎とかぐや姫の夫婦生活の様子が展開されるストーリー。お魚を焦がしてしまい、「てへっ」とごまかすかぐや姫や、お互いの手が触れて照れ笑いする桃太郎とかぐや姫の日常を、小林幸子さんと梅沢富美男さんが「ピタッときちゃったふたりの愛の歌」と歌い上げます。そんな、ピタッときている桃太郎とかぐや姫の日常を通じて、使ったデータに合わせてムダなく使える料金プラン『auピタットプラン』の魅力を訴求していきます。小林幸子さんと梅沢富男さんの初のデュエットソングにもご注目ください。

【CMストーリー】
 ミュージックビデオのように「愛の歌」というタイトルが表示されると、桃太郎とかぐや姫が両手を握り合いながらこちらを見つめます。どこか昭和を感じさせる雰囲気の中「出会った時からピタッときたの♪ 」と歌う小林幸子さんと「出会う前からピタッときたさ♪ 」と歌う梅沢富美男さんの歌声と共に、桃太郎とかぐや姫の夫婦生活の様子が展開します。お魚を焦がしてしまい、「てへっ」とごまかすかぐや姫。着物をくくって全力で雑巾がけをするかぐや姫の姿に圧倒される桃太郎。読書をしながら残りのお団子に手を出すと、お互いの手が触れて照れ笑いする一コマや、酔っ払って帰宅した桃太郎が、夕飯の支度をして待っていたかぐや姫が怒っていることに気づいて、慌てて謝るシーンも。更には、寝相の悪いかぐや姫の布団を優しく直してあげる桃太郎の様子や、縁側でくつろぐかぐや姫の肩に桃太郎がそっと手を回そうとするも、かぐや姫に気づかれてしまい慌てて手を引く桃太郎と、何事かと不思議がるかぐや姫。そんなふたりの仲睦まじい様子を、小林幸子さんと梅沢富美男さんが「ピタッときちゃったふたりの愛の歌♪ 」と、歌い上げます。

<歌詞>※CM使用箇所
出会った時からピタッときたの 出会う前からピタッときたさ 愛はいつの間にか ピタッときている
ピタッときちゃった ふたりの愛の歌 ピタッときちゃった ふたりの愛の歌

新CMはau公式YouTubeチャンネルにてご覧いただけます。
(YouTube公式チャンネル) (リンク »)
(YouTube) (リンク »)

さらに、三太郎スペシャルサイトでもご覧いただけます。
(PC/SP) (リンク »)

【撮影エピソード】
今回の撮影は手と手を握り合う桃ちゃんとかぐちゃんのシーンからスタート。
CM本篇では小林幸子さんと梅沢富美男さんによる「愛の歌」が流れ、桃ちゃんとかぐちゃんのセリフは無音となっていますが、撮影では芝居しやすいようにセリフ付きで収録しました。

夕食のとき、焦がした魚に気づいた桃ちゃんに「テヘッ」と甘えるかぐちゃんの表情は旦那さんにしか見せないであろう貴重なカットになっています。
酔っぱらって帰ってきた桃ちゃんが慌てて謝るシーンでは、「食べてくるなら言ってよ!」っと怒るかぐちゃんに、「金ちゃんがもう一杯って言うから」「ケータイ忘れちゃって」など、苦しい言い訳のアドリブが飛び出し、かぐちゃんもスタッフも思わず噴き出してしまうことも。
その後、かぐちゃんが廊下を雑巾がけするシーンでは監督から「うぉーって雄叫びみたいにやってみて」という難題がありましたが、「うぉーっっ!」と期待に応える姿には、監督もスタッフも感心しきりでした。

また、小林幸子さん、梅沢富美男さんによる「愛の歌」の収録では、お二方とも圧倒的な歌唱力で、スタッフも冒頭から引き込まれました。

【auピタットプランについて】
1,980円(注)から始められ、お客さまが利用したデータ容量に応じて5段階の定額料金から
最適な金額が自動的に適用される、新しい料金プランです。
データ通信をあまりご利用されないお客さまや、月によってデータ利用量にばらつきのあるお客さまなど、どなたでも使った分だけお支払いいただく料金体系により、常に無駄のないぴったりな料金で安心してご利用いただけます。
音声通話のご利用状況にあわせて、3タイプからお選びいただけます。
また、2017年9月22日よりiPhoneをご利用のお客さまも新規契約または機種変更時に「auピタットプラン」「auフラットプラン」に加入いただけるようになりました。

新料金プラン、キャンペーンの詳細は、auホームページからご確認ください。
(リンク »)
(リンク »)

(注)「auピタットプラン(スーパーカケホ)」または「auピタットプラン(シンプル)」に加入かつ、「誰でも割」 「ビッグニュースキャンペーン」適用で、データ通信のご利用が1GB以下の場合。「auピタットプラン(スーパーカケホ)」は「auスマートバリュー」適用の場合。

なお、「auピタットプラン」とあわせて、大容量のデータ通信をオトクにご利用いただける「auフラットプラン」も提供中です。
大容量のデータ通信を毎月おトクにご利用いただける料金プランです。データの利用量を気にせず、
快適なデータ通信をお楽しみいただけます。音声通話のご利用状況にあわせて、3タイプからお選びいただけます。

【プロフィール】
●小林幸子(こばやしさちこ)
生年月日:1953年12月5日(昭和28年)
出身地:新潟県
趣味:スキューバダイビング
代表曲:おもいで酒 / とまり木 / もしかして / 雪椿/風といっしょに / 茨の木 / 存在証明 他

1964年古賀政男氏にスカウトされデビュー。1979年「おもいで酒」がダブルミリオンを記録する大ヒットとなり、日本レコード大賞最優秀歌唱賞をはじめ数々の音楽賞に輝く。同年NHK「紅白歌合戦」に初出場、以来34回出場。1998年「ポケットモンスター」シリーズ初の劇場作品の主題歌や「クレヨンしんちゃん 」の主題歌を担当すると同時に声優として登場するなど、その多岐にわたる活動を通じて幅広い年齢層の人気を獲得する。2013年にはニコニコ動画へ「歌ってみた動画」を投稿、史上最速で100万アクセスを越え、ネットユーザーや若い世代からラスボスと称され支持を得る。2014年のコミックマーケットの参加ではあらゆる方面に衝撃を与え、一般者にその世界を広く伝え話題となる。同年50周年記念ファイナルコンサートを日本武道館で開催。2015年、自身の声を元に制作したVOCALOIDライブラリ「Sachiko」を発売。
台湾観光親善大使・新潟市観光大使・お米大使にも就任。新潟県中越地震や東日本大震災においては、積極的に寄付や支援活動を継続し、2006年「紺綬褒章受章」。2013年 新潟県民栄誉賞受賞。
 □小林幸子オフィシャルサイト  (リンク »)

●梅沢富美男(うめざわとみお)
生年月日:1950年11月9日(昭和25年)
出身地:福島県
趣 味:ドライブ、ゴルフ、映画鑑賞
愛 称:トンコ、下町の玉三郎

現在、梅沢劇団座長。
父(故 梅沢清)は大衆演劇(剣劇)一座の座長で、戦前・戦後まもなくの大衆演劇隆盛期の大スタ-で、浅草「常盤座」等の劇場を超満員にした程の花形役者であった。母(故 竹沢籠千代)は娘歌舞伎出身。梅沢劇団は、歌舞伎演目のパロディ-芝居、ミュ-ジカル仕立てのショ-、レビュ-を得意とする。(これらに梅沢富美男の歌謡ショ-を織りまぜた3部構成で舞台が行われている)
その中で梅沢富美男の役どころは二枚目から三枚目、艶やかな女形姿にての舞踊までと幅広くこなしている。テレビ出演も精力的で、子供から大人までの幅広い年齢層からの支持を受けている。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]