学校法人立命館とアシックスジャパン株式会社が包括的連携交流協定を締結

立命館大学 2017年11月28日

From Digital PR Platform




学校法人立命館(京都市、理事長 森島朋三 以下、本学園)とアシックスジャパン株式会社(東京都、代表取締役社長 西前学 以下、アシックスジャパン)は、スポーツを通じた地域社会、教育研究、国際社会の発展を目的とし、スポーツの大衆化や研究・開発、スポーツを通じて未来を支える人材育成に向けた連携・協力をすすめることとなり、11月28日に両者による包括的連携交流協定の締結式を行いました。




協定は、スポーツを通じた人材育成のほか、各種研究開発、地域・社会との交流、文化発信などの促進と競技水準の向上を主とし、スポーツ界全体の発展に寄与することを目指し締結しました。
本学園は、スポーツを学園政策の重要な要素として位置づけ、競技者自身の人間力の向上やスポーツを通じた学生への愛校心の醸成、地域振興や国際性など、スポーツの役割を広く位置づけてきました。今回の協定は、本学園の取組みと、アシックスジャパンのビジョンに共通点が多く、目指す方向性が一致していることから実現しました。
今後は、健康増進のためのスポーツ大衆化プログラムの推進やアスリート育成に必要な支援システムなどの研究協力、スポーツをテーマにしたシンポジウムなどを実施するほか、学生・生徒参画型の商品開発、校章の入ったスポーツ用品の販売などを行う予定です。

<森島朋三・学校法人立命館理事長のコメント>
2019年から2021年、日本はスポーツゴールデンイヤーズを迎えます。しかし、これらが一時のイベントに終わってしまっては意味がありません。小中高大を有する学校法人立命館はこれまでの研究・教育の成果、スポーツでの実績をふまえ、健康・長寿、そして若者が期待を持てる社会を目指し、取り組んでまいります。

<吉田美喜夫・学校法人立命館総長のコメント>
本学園は、活発な産学官連携や研究交流を通じて、高度な研究ポテンシャルを有しています。本学園の多様な知の資源とスポーツの結び付きによる創造的、先進的な取り組みにチャレンジし、スポーツ領域における研究力量を一層強化したいと思います。

<西前学・アシックスジャパン株式会社代表取締役社長のコメント>
学校法人立命館とアシックスは、未来を担う若者に目を向けて興したという歴史、スポーツを通じて人材を育成する姿勢など共通する点が多くあります。お互いの知見を生かした新しい取り組みにより、スポーツ界全体の発展に貢献してまいります。





▼本件に関する問い合わせ先
学校法人立命館広報課
池田
TEL:075-813-8300


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]