コラム : フリーソフトウェア使用制限による危険

株式会社Doctor Web Pacific 2018年03月12日

以前は、フリーソフトウェアは誰もが利用できるように無料であると考えられていましたが、2017年9月5日にすべてが変更されました。

###

残念ながら、 本日(2017年9月5日)付でクリミア半島でのFedora使用ができなくなりました。これはFedoraプロジェクト契約に従って行われています。

(リンク ») ※ロシア語

Fedoraソフトウェアのダウンロードにより、以下のすべてを理解し、同意したことになります。 Fedoraのソフトウェアおよび技術情報は、米国輸出管理規則(「EAR」)および、その他の米国および外国の法律の適用対象となり、EARまたは米国の制裁規則(米国政府の通知により変更される可能性はあるが、現在、キューバ、イラン、北朝鮮、スーダン、シリア、ウクライナのクリミア地域が対象)に基づき、禁止された対象国に輸出、再輸出、移転することはできません。

(リンク ») ※ロシア語

このニュースは情報セキュリティに直接関係していたため、関係者の注目を集めました。

GPL v3を確認してみましょう。これはフリーソフトウェアが配布される際に利用される唯一のものではありませんが、Linux用の膨大な数のプログラムがGPL v3で利用可能です。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。