コラム : 攻撃者が狙うパブリックWi-Fi

株式会社Doctor Web Pacific 2018年03月28日

既知のWi-Fiネットワークに接続すると、今後自動接続するか確認され、多くの人がこのオプションを有効にしますが、なぜでしょうか?

###

パブリックWi-Fiネットワークを設定し、別の一般的なオープンネットワークのSSIDを割り当てるには、いくつかの簡単な手順を必要とします。SSID(サービスセット識別子)は、ワイヤレスローカルネットワークの32ビットの英数字の文字識別子です。互いに通信するには、ワイヤレスデバイスが同じSSIDを使用するように設定されている必要があります。実際に、SSIDはWi-Fiネットワーク名になっています。他の無線機器を使用し、意図しない接続や故意の接続が確立されないように設計されているため、ユニークであると考えられています。 しかし、攻撃者が他人のSSIDを自分のネットワークに割り当てるのを防ぐことはできません。また、競合を避けるために、ネットワークから遠ざけることもできます。


私は、モスクワ近くの大きな町で、午前7時から深夜まで実験を続けました。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]