(有)MIZOUE PROJECT JAPANの医療機器『小型超音波画像診断装置(※1)「WiZ」』の表示部に当社製スマートフォン「AQUOS SH-M04」が採用

シャープ 2017年12月19日

From PR TIMES



[画像: (リンク ») ]


 シャープ製スマートフォン「AQUOS SH-M04」が、有限会社 MIZOUE PROJECT JAPAN(本社:広島県府中市 代表取締役社長:溝上浩司、以下、MIZOUE社)が開発した医療機器『小型超音波画像診断装置「WiZ」』の表示部に採用されました。

 高齢化により、在宅医療/看護の必要性が高まる中、在宅医療における医療機器の小型化や、超音波画像による診断ニーズが高まっています。

 そのような背景から、MIZOUE社は、「いつでも」「どこでも」「簡単に」扱える『小型超音波画像診断装置「WiZ」』を開発。「WiZ」の表示部に、当スマートフォンが採用されました。

 当スマートフォンは、IGZO液晶ディスプレイ(※2)を搭載していることにより、超音波画像の繊細な濃淡画像を鮮明に表示することが可能です。また、プローブ部(※3)の駆動電力を当スマートフォンからUSB給電で供給する際、安定して電力を供給することができます。加えて、静電気対策や堅牢性など、医療機器認可(※4)に適合した筐体設計であることが評価され、採用されたものです。

 当社は今後も高品質なスマートフォンの開発・供給に取り組んでまいります。

■ 当社製スマートフォン「AQUOS SH-M04」が採用された主な理由
1.超音波画像の繊細な濃淡画像を鮮明に表示できるIGZO液晶ディスプレイの表現力
2.プローブ部の駆動電力を当スマートフォンから供給する際のUSB給電における電力の安定性
3.静電気対策や堅牢性など医療機器認可(※4)に適合した筐体設計

※1 超音波を用いて臓器など身体の中を見る装置です。
※2 IGZO液晶ディスプレイは、株式会社半導体エネルギー研究所との共同開発により量産化したものです。
※3 人体に当てる装置で、超音波を探知する部分です。
※4 医療機器認可はスマートフォン「AQUOS SH-M04」単体ではなく、プローブ部を含むシステム全体で受けているものです。

●「AQUOS」はシャープ株式会社の登録商標です。

● 本リリース内に記載している会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
(リンク »)

【プレスリリース全文(PDF版)】
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。