「KUSANAGI」 ワンポイントTips Apache利用でアップデートしたら再起動できなくなったときの対処法

プライム・ストラテジー株式会社 2018年01月05日

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「「KUSANAGI」 ワンポイントTips Apache利用でアップデートしたら再起動できなくなったときの対処法」を公開しました

###

KUSANAGIはデフォルトでNginxの利用になっていますが、動作条件のためにApacheでの利用に変更している人も多いかと思います。

Apacheで利用しているという場合に、アップデートをかけるとプロセスの再起動がエラーになってしまうことがあったので、その対処法を紹介します。

エラー内容と条件

サーバのアップデートを行うために以下のコマンドを実行します。
yum -y update

CentOSやKUSANAGI、その他のシステムのアップデートもこのコマンドで行うことができるのですが、この処理が終わったあと、アップデートを反映させるためにKUSANAGIをリスタートしようとすると・・・
kusanagi restart // KUSANAGIのリスタート

Job for httpd.service failed because the control process exited with error code. See "systemctl status httpd.service" and "journalctl -xe" for details.

このようにエラーメッセージが出てしまうことがあります。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

プライム・ストラテジー株式会社の関連情報

プライム・ストラテジー株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]