大阪のナイトカルチャー「 Ninja Night in OSAKA 」開催!

ハイ・パートナーズ株式会社 2018年01月17日

From 共同通信PRワイヤー

2018年1月17日

ハイ・パートナーズ株式会社 (リンク »)

春節に合わせ、舞台「ひいらぎ・疾風編」 (リンク ») と「忍者ナイトクルーズ」 (リンク ») の公演

ハイ・パートナーズ株式会社(所在地:大阪市北区、代表取締役:辻村 博志)は、ナイトカルチャー事業として「 Ninja Night in OSAKA 」を春節期間に合わせ2018年2月15日(木)より開催します。

「長七郎江戸日記」にてデビューし「水戸黄門」「大岡越前」を監督された井上泰治氏作・演出の忍びを描いた舞台「ひいらぎ・疾風編」。そして水都大阪の魅力である「川」で忍者ショーと和太鼓の共演を楽しむエンターテインメント船「忍者ナイトクルーズ」を行い大阪のナイトカルチャー需要に対応します。
「 Ninja Night in OSAKA 」は、平成29年度大阪府ナイトカルチャー発掘・創出事業補助金を受けて実施しています。


【背景】
当社では、忍者事業を2013年から関西を中心に行っており、2016年より京都市伏見区に忍者屋敷「忍者堂 Ninja-Do」を運営。2017年には大阪の忍者体験観光船「忍者船 Ninja Cruise」をはじめました。その中、大阪のナイトカルチャーを盛り上げ国内外の人に喜んでもらうこと、そしてエンターテインメントによる雇用を増やすことが出来ればと考え、本公演を行うことに致しました。

忍者堂: (リンク »)
忍者船: (リンク »)
ジャカジャカ忍者教室: (リンク »)

【 Ninja Night in OSAKA 内容 】

Ninja Night in OSAKA サイト: (リンク »)
チケットのお申込み先: (リンク »)

■舞台『ひいらぎ・疾風編』

【画像: (リンク ») 】

時は享保。八代将軍、徳川吉宗公の時代。
一人の娘が伊賀を旅立った。
娘の名は柊。
江戸で仕事をする母親が雇い主を裏切り、敵方に付いてしまったのだとの報せが入り、伊賀から裏切り者を始末する一隊が向けられました。柊は真相を明らかにすべく江戸へ向かったのでございます。
日程  :2018年2月15日(木)〜17日(土)公演時間90分、開場は各30分前
     15日(木)/ 7:00PM、16日(金)/ 2:00PM、7:00PM、17日(土)/ 2:00PM、7:00PM
会場  :「道頓堀ZAZA」 大阪市中央区 道頓堀1-7-21中座くいだおれビル地下1階
料金  :前売3,500円、当日5,000円(シニア学生3,500円)
作・演出:井上泰治 映画監督、シナリオライター。日本映画監督協会会員 
     2017年2月に脚本監督、映画「すもも」上映
運営  :「ひいらぎ」製作委員会
後援  :日本忍者協議会

詳細はこちら:舞台『ひいらぎ・疾風編』 (リンク »)

【動画: (リンク ») 】
【画像: (リンク ») 】【画像: (リンク ») 】

■忍者ナイトクルーズ

【画像: (リンク ») 】

水都大阪を忍者ショーと和太鼓を楽しみながら観光する“忍者ナイトクルーズ”!
大阪城の近く天満橋「八軒家浜」から東横堀川を経由し、繁華街「道頓堀」へと遊覧する1時間のクルーズ!

日程  :2018年2月18日(日)・19日(月)7:00PM〜 約1時間
乗り場 :「八軒家浜 船着場 」 大阪市中央区天満橋京町1−1
降り場 :「湊町 船着場」 大阪市浪速区湊町1丁目3
料金  :前売4,800円、当日5,800円
定員  :各回36名
出演  :忍者堂Ninja-Do、寝屋川・門真和太鼓クラブ TAIKO BOYS
運営  :ハイ・パートナーズ株式会社
後援  :日本忍者協議会

詳細はこちら:忍者ナイトクルーズ (リンク »)
【動画: (リンク ») 】
【画像: (リンク ») 】【画像: (リンク ») 】

【お問合せ・お申込み先】
Ninja Night(ハイ・パートナーズ株式会社)
お問合せ:お問合せフォーム (リンク »)
お申込み: チケット販売 (リンク »)
電話  :06-6131-9768(平日10時〜18時)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。