追手門学院大学が1月20日に第1回「思わず笑顔になる文章コンテスト」の表彰式を開催 -- 応募総数7,891作品の中から受賞作が決定

追手門学院大学 2018年01月18日

From Digital PR Platform




全国で初めて笑いを学問として追究する「笑学研究所」を設置している追手門学院大学(大阪府茨木市/学長:川原俊明)は、第1回「思わず笑顔になる文章コンテスト」を実施。このたび応募総数7,891作品のうち、作文・エッセイの部で18作品、つぶやきの部で15作品の受賞作を決定した。これに伴い、1月20日(土)に通天閣で表彰式を開催する。




【ポイント】
○笑学研究所のある追手門学院大学が「思わず笑顔になる文章コンテスト」の表彰式を開催
○追手門学院大学客員教授で通天閣観光株式会社の西上雅章社長より受賞作品の講評
○大阪の観光名所・通天閣との共催。ビリケンは追手門学院大学笑学研究所の名誉所長

 「思わず笑顔になる文章コンテスト」は、学校法人追手門学院創立130周年記念事業の1つとして開催。「読めばみんながしあわせになる」をテーマとして、全国の小学生以上を対象に400字~600字以内の作文・エッセイと140字以内のつぶやきを募集した。

 応募総数7,891作品のうち、作文・エッセイの部では4,478作品から18作品、つぶやきの部では3,413作品から15作品の合計33作品が受賞作に決定。主に小・中・高校生と大学生が受賞し、最優秀作品賞、優秀作品賞のほか、共催の通天閣にちなんだ通天閣賞などが贈られる。

 このたび、1月20日(土)に通天閣で表彰式を開催。同大の川原俊明学長が受賞者に表彰状を授与するほか、同大の第5期卒業生で客員教授も務める「通天閣観光株式会社の名物社長」こと西上雅章氏と笑学研究所の特別顧問である坂井東洋男前学長が講評を述べる。また、受賞作品の朗読も行われる。概要は下記の通り。

◆第1回「思わず笑顔になる文章コンテスト」表彰式 概要
【日 時】 1月20日(土)13:00~15:00
【会 場】 通天閣STUDIO210(大阪市浪速区恵美須東1-18-6)
【賞】 最優秀作品賞、優秀作品賞、通天閣賞、審査員特別作品賞、佳作 計33点
【参加者】 受賞者、通天閣観光(株)西上雅章社長、追手門学院関係者
【後援企業】 株式会社日立製作所、江崎グリコ株式会社、富士通株式会社

●笑学研究所
  (リンク »)

(関連記事)
・追手門学院大学が第1回「思わず笑顔になる文章コンテスト」を開催 -- 「読めばみんながしあわせになる」作文・エッセイ・つぶやきを募集(2017.06.16)
  (リンク »)

▼本件に関する問い合わせ先
追手門学院 広報課
足立・谷ノ内
住所:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
TEL:072-641-9590


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。