『Rubyはまだ終わっていません』

株式会社トランスネット 2018年02月26日

Ruby開発に強いトランスネットが野田貴子氏のRailsコラム『Rubyはまだ終わっていません』を公開しました。

興味がある方はご覧ください。

###
近年は次々と新しい技術が登場し、その発展速度も目覚ましいものがありますね。開発者の中には、新しい技術を追い求めることに必死で、一種の強迫観念に追われている方も少なくないようです。新しい技術を勉強することは良いことですが、新しい技術すべてを追い求める必要が本当にあるのでしょうか。今まで使ってきた技術はもう本当に不要なのでしょうか。開発者としての価値は、新技術の習得以外では高められないのでしょうか。そんなことはありませんよね。

今日ご紹介するのは、『Rubyはまだ死んでいない』というブログ記事です。

たいていの技術は過渡期を迎えると、「この技術は終わった。次は○○だ。」という声を上げる人が出てきます。RubyやRailsも例外ではありません。果たしてRubyは終わってしまったのでしょうか?そもそも過渡期を迎えているのでしょうか?

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社トランスネットの関連情報

株式会社トランスネット

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]