ファーウェイがIntent-Driven Networkソリューションを発表

ファーウェイ(Huawei) 2018年02月28日

From 共同通信PRワイヤー

ファーウェイがIntent-Driven Networkソリューションを発表

AsiaNet 72473 (0376)

【バルセロナ(スペイン)2018年2月27日PR Newswire=共同通信JBN】
*エンタープライズのデジタルネットワーク・プラットフォーム構築をサポート

ファーウェイ(Huawei、華為技術)はMobile World Congress(MWC)2018でIntent-Driven Networkソリューションを発表した。このソリューションは、ネットワークインフラストラクチャーのデジタルツインを作成することにより、物理ネットワークとビジネス目標の間のギャップを橋渡しする。このソリューションは、サービス意図の理解、自動ネットワークポリシーの展開、および継続的な最適化により、各々の瞬間に各アプリケーションの各ユーザー向けに究極のエクスペリエンスを提供し、ユビキタスな未知の攻撃から守り、エンタープライズにインテリジェントで簡素化されたウルトラブロードバンドの安全でオープンなデジタルネットワークを構築する。

ガートナーが15業界のグローバル最高情報責任者(CIO)3160人を対象に行った最新調査(注1)によると、デジタル化は平均して企業収益の約20%に寄与しており、ビジネスプロセスの約35%がすでにデジタル化されている。エンタープライズのデジタル変革はますますインターネット・オブ・シングス(IoT)の開発に依存し、人工知能(AI)、ビッグデータ、クラウド技術によって再構成され、リアルタイムのユーザー体験の認識、適応最適化、および予測的な運営をエンタープライズ・デジタル変革の効率性向上にとり不可欠なものとしている。

ファーウェイのIntent-Driven Networkソリューションは、ビックデータとAIテクノロジーをAll-Cloud Networkに導入する。このソリューションは、エンドユーザー体験に基づいたビジネスロジックとサービス戦略によって推進され、エンタープライズのユーザー中心のデジタルネットワーク構築するのを支援する。

Photo - (リンク »)
写真説明:Huawei Network Product Lineのケビン・フー社長がファーウェイのIntent-Driven Networkを発表

ファーウェイのIntent-Driven Networkソリューションは、事前予測ビジネス意思確認、自動エンドツーエンドネットワーク構成、リアルタイムのユーザー体験の認識、予測分析、予防的な最適化など、シナリオ固有の高度な自動化とインテリジェンスを可能にする。Intent-Driven Networkは、エンタープライズの業界指向オープンプラットフォームとしても機能する。これは豊富なオープンAPI、開発ツール、プログラミングツール、および検証済みの産業用アプリケーションを提供し、幅広いアプリケーション・エコシステムを構築する。

Huawei Network Product Lineのケビン・フー社長は「ファーウェイのIntelligent-Driven Networkソリューションは、ユーザー体験を中心に据え、ユーザー体験に関するエンドユーザーの要求に有効に応え、エンタープライズがコネクティビティー・オブ・エブリシングのインテリジェントな社会を受けれ、ビジネスの成功を達成することを可能にする」と語った。

(注1)Gartner"The 2018 CIO Agenda: Mastering the New Job of the CIO" by Andy Rowsell-Jones, Tomas Nielsen and others (2017年9月29日)

ソース:Huawei

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]