3月11日に「Yahoo!検索」で「3.11」と検索 「Search for 3.11 検索は応援になる。」を今年も実施

ヤフー株式会社 2018年03月09日

From 共同通信PRワイヤー

2018年3月9日

ヤフー株式会社

3月11日に「Yahoo!検索」で「3.11」と検索
「Search for 3.11 検索は応援になる。」を今年も実施
~ “東北の未来を担う若者”の応援につながる寄付へ ~
(リンク »)

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、2018年3月11日(日)0時から23時59分まで、「Yahoo!検索」で「3.11」と検索すると、1人(※1)につき10円をYahoo! JAPANおよび応援パートナーから東北復興に携わる団体に寄付をする「Search for 3.11 検索は応援になる。」を実施します。
※1:検索者数は検索窓から検索されたユニークブラウザー数で集計します。

本企画は3月11日という日に改めて被災地に想いを寄せ、現在の状況を知り、その先にある未来をともに考えていただけるよう、2014年より実施しています。2014年は約257万人、2015年は約292万人、2016年は約247万人、2017年は約430万人の方が「3.11」と検索しました。

本企画実施に先駆け、3月5日(月)より公開中の「3.11応援企画」では、今年寄付を行う6団体のご紹介と、2017年の同企画で寄付した6団体の活動レポートほか、「Search for 3.11 検索は応援になる。」のスペシャルムービー『もしも、2011年3月11日が、いつもの一日だったとしたら。』を公開しています。本ムービーでは東北と日本中の、日常の風景を描きながら、それがかけがえのないものであることを伝えます。音楽は、3.11の津波によって浸水した後に修復されたピアノで演奏されています。

■「Search for 3.11」寄付先について

今年は“東北の未来を担う若者”の応援につなげるために、下記6団体に寄付を行います。
※寄付金額を等分割し6団体に寄付します。

◇認定NPO法人カタリバ:“放課後学校・コラボ・スクール”の運営
◇NPO法人TEDIC:様々な困難を抱える親子のための支援
◇公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン:教育クーポンによる学校外教育機会の提供
◇公益財団法人みちのく未来基金:大学および専門教育への進学費用の提供
◇ふくしま復興塾:福島の未来のための人材育成
◇公益財団法人東日本大震災復興支援財団:奨学金や助成金・寄付金で東北の子どもと団体を支援



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]