BPEAとシティック・キャピタルがウォールストリートイングリッシュの成長に投資

ウォールストリートイングリッシュ 2018年03月16日

From 共同通信PRワイヤー

BPEAとシティック・キャピタルがウォールストリートイングリッシュの成長に投資

AsiaNet 72705

ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアとシティック・キャピタルがウォールストリートイングリッシュの成長に投資

バルセロナ(スペイン)、2018年3月16日/PRニュースワイヤー/ --

ピアソンからベアリング・プライベート・エクイティ・アジアとシティック・キャピタルへの売却が確定

ベアリンツ・プライベート・エクイティ・アジア株式会社(Baring Private Equity Asia、以下「BPEA」)およびシティック・キャピタル・ホールディングス(CITIC Capital Holdings Limited、以下「シティック・キャピタル」)系列ファンドへのピアソンによるウォールストリートイングリッシュ(Wall Street English、以下「WSE」)の売却(売却金額3億ドル)が本日成立しました。同取引に必要とされる規制当局からの承認は今年初めに下りていました。

WSEは、新たに所有者となる2社にとってまたとない投資機会となります。28か国に400以上の拠点と18万人の生徒を抱えるWSEは、世界の成人向け英語教育市場の成長を捉える高い質と拡張性のあるプラットフォームを備えています。新拠点開設を対象にした今後の投資と製品開発への継続的な投資を通して、BPEAとシティック・キャピタルは、WSEが資金提供したフランチャイズを拡大し、中国を含めた既存の成長市場および世界の新市場でのWSEの成長を支援する予定です。

2017年11月27日にBPEAとシティック・キャピタルはWSEを3億ドルで買収する意向を発表しました。規制当局からの承認を得た新所有者は、WSEの事業に関する成長戦略をまとめました。

その戦略には、新拠点の開設と技術・製品の革新への資本投資に重点を置いた5か年計画が含まれます。

WSEのCEOであるDavid Kedwards氏は次のように述べています。「この買収の最終承認と売却の完了をもって、当社は新所有者体制での重要な節目を迎えました。当社の新株主となる2社には互いに補完しあうバックグラウンドと専門知識、匹敵するものがない教育分野への投資実績があり、当社と同じく世界規模での高い成長への野望を抱いています。当社には自社のプラットフォームを活用して現行および新しい学習体験を継続的に成長させ改善させるというビジョンがあります。今当社は非常に心躍る時を迎えています。」

2017年度にはWSEの事業は高い実績を上げました。8か国で22の新拠点が開設され、中国での売り上げが上昇し、基本的営業利益が大幅に伸びました。この3年間、WSEは中核となる提案を強化してきました。事業は、世界市場を拡大し、また市場力学、生徒のニーズ、速度を増している技術的変化に迅速に対応する体制を整えています。

Kedwards氏はさらに次のように語っています。「英語市場は年間230億ドル以上の価値があり、2020年までに世界で20億人が英語を学ぶことが見込まれる成長市場だと考えています。とりわけ、中国、南米、日本、インドでの今以上の成長を促すための投資を通して市場機会を生かすつもりです。」

WSEとの提携あるいはフランチャイズに関する詳細は、
(リンク ») をご覧ください。

WSEについて

ウォールストリートイングリッシュ(WSE)は、成人向けに英語学習を提供している世界大手の英語教育ネットワークで、生徒に高品質なライフスタイル体験を届ける有数のブレンディッド・ラーニング・プラットフォームとして評価されています。WSEの成功は、46年の歴史を通して築かれた強固なブランド力、成長実績、革新によって裏付けされています。2016年には、中国の自社所有の70拠点、イタリアの自社所有の9拠点、28地域における321のフランチャイズ拠点を通して18万人の学習者にサービスを提供しました。

ベアリンツ・プライベート・エクイティ・アジアについて

ベアリンツ・プライベート・エクイティ・アジア株式会社(BPEA)は、110億ドルを超える受託資本を持ち、アジアにおいて最も規模が大きく評価の高い民間代替投資会社の一つです。同社はアジア全域投資プログラムを運営しており、買収を支援し、企業の拡張や買収に対し成長資金を提供しています。また、民間向け信用及びアジア全域不動産・プライベート・エクイティ投資プログラムも運用しています。同社は、1997年の設立以来アジアでの投資を続けており、香港、中国、インド、インドネシア、日本、シンガポールに事務所を持ち150人以上を雇用しています。BPEAは、現在アジアに30以上のポートフォリオ企業を持ち、15万人の従業員が働いています。同社の2016年度の売り上げは約280億ドルでした。

詳しくは、 (リンク ») をご参照ください。

シティック・キャピタル・ホールディングスについて

2002年に設立されたシティック・キャピタル・ホールディングスは、代替投資の管理・顧問会社です。同社の、プライベート・エクイティ、不動産、ストラクチャード・インベストメント、ストラクチャード・ファイナンス、資産管理を対象とした複数のアセットクラスプラットフォームを通して100のファンドと投資商品で220億ドル以上の資金を運用しています。シティック・キャピタルは、11部門全体で130以上のポートフォリオ企業を抱え、世界で82万人を雇用しています。


ソース: ウォールストリートイングリッシュ


(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]