クラウドマインズの画期的なクラウド接続型スマート製品展示に強い関心

CloudMinds 2018年03月27日

From 共同通信PRワイヤー

クラウドマインズの画期的なクラウド接続型スマート製品展示に強い関心

AsiaNet 72825 (0547)

【バルセロナ(スペイン)2018年3月26日PR Newswire=共同通信JBN】バルセロナでの感動がいまだ冷めやらない2018 Mobile World Congress(MWC)において、クラウドマインズ(CloudMinds)は時代を先取りした技術を特長とするユニークなスマート製品群を展示、来場者の強い関心を引き、中国、海外双方のメディアの大きな評判を呼んだ。世界中の情報通信技術(ICT)産業にとって最大、最高の展示会の1つであるMWCは「モバイル通信のトレンドを決めるイベント」と見なされることが多い。そうした世界的展示会で、クラウドマインズが同業他社の展示との激しい競争をよそにスターの座を獲得できた秘密は何だったのか?

クラウド接続型スマート機器、高速でセキュアなネットワーク、確実でスマートな端末機器、ロボット制御といった最先端技術に絶えず注力することで、クラウドマインズは革新的な製品を市場に送り出してきた。例えば、クラウド・ペッパーお出迎えロボット、保安巡回ロボット、地球規模で制御される把持ロボット、盲導ロボットといった製品である。

今年のMWCでは、クラウド上の強力な計算・分析能力をベースに超高速の照合、混合比分析を可能にするクラウドAIラマン物質試験端末も展示された。試験結果の精度が100%に近いこの計器は、麻薬や有害物質の探知、食品の安全性分析、薬物の特定、宝石の鑑定、材料追跡などへの応用が可能である。

医学における発明の新「希望の星」とも呼ばれる、手のひらサイズの超音波機器は、最高性能のCPU、GPUチップを内蔵、ビーム形成超音波アルゴリズムを装備している。健康データの確実な伝達と保存を可能にする一方、クラウド接続され、AIが支援するこの診断、運用システムは、離れた場所からでも超音波サービスを最前線の健康サービス提供者が利用可能とする。それにより医師は、容易かつ迅速に豊富な診断情報にアクセスし、この理想的で柔軟性のあるツールを、大病院でも地方の診療所でも同じように使えるようになる。

これまでのMWCで話題を呼んだロボット、クラウド・ペッパーは、ビジネスの現場、会社のロビー、広いショッピングモールに設置し、訪問客を出迎え、案内し、ビジネスの問い合わせに答え、顧客の要望を聞き、製品を売り込み、要人を接待することができる。クラウド・ペッパーは、Huazhuホテル、中国銀行、China Mobile(チャイナ・モバイル)のオフィスなど多くのビジネスの舞台に展開、利用されてきており、瞬く間に有名人となっている。

中国、海外で残してきた足跡を調整する戦略の上に立ち、クラウドマインズは国際的に拡大し続け、「グローバルな関与」を深め、クラウド知能ロボット産業の繁栄をもたらし、人類のより良く、よりスマートな未来づくりのために、パートナーシップを拡大・発展させていく。

ソース:CloudMinds

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]