優れた発電量のロンジソーラーが、テュフ ラインランドから受賞

ロンジソーラー 2018年03月29日

From 共同通信PRワイヤー

優れた発電量のロンジソーラーが、テュフ ラインランドから受賞

AsiaNet 72818

【無錫(中国)2018年3月29日PR Newswire】
LONGi Solar(ロンジソーラー)は、「PV Module Energy Yield Simulation(Mono Group)[太陽電池モジュールの推定発電電力量シミュレーション(単結晶グループ)]」において、2年連続で「All Quality Matters」賞を受賞しました。

3月22日、中国の無錫で開かれた2018 Solar Congressにおいて、認証機関であるテュフラインランド(TUV Rheinland)から同賞は授与されました。2017年「PV Module Energy Yield Simulation Award」は、どのメーカーもその受賞を期待していましたが、単結晶モジュールの高効率と信頼性を理由にLONGi Solarが受賞しました。

テュフ ラインランドの発電電力量評価試験は極めて厳格であり、世界の異なる5つの地域(ドイツ・ケルン、中国・山西省大同、サウジアラビア・リヤド、インド・チェンナイ、米国・ロサンゼルス)の気象条件のシミュレーションを必要とします。その結果は、LONGi Solarの60セル単結晶モジュールが最高性能のモジュールとなり、単結晶グループでの受賞者となりました。

「All Quality Matters」賞は、太陽光発電(PV)産業における製品品質の標準化、品質基準の確立、そして、持続的発展の指針となるべく、権威ある中立的な機関によって客観的かつ信頼できる評価となるように、テュフ ラインランドによって設立されたものです。同賞は業界専門家、関係当局、PVプラント所有者、メーカーから認められており、今年の賞は、PV産業の様々な面で優れたパフォーマンスと大きな貢献をした企業に授与されました。

LONGi Solarは、最高のLCOE(均等化発電原価)ソリューションの実現を目指している世界をリードする単結晶太陽電池モジュールメーカーとして、2年連続で「PV Module Energy Yield Simulation」で賞を受賞しました。LONGi Solarの李文学社長は「LONGi Solarは一貫して、お客様に最高の製品とサービスを提供することをコミットしてきました。この賞は客観的評価の結果であると共に、発電電力量に関してLONGi Solarの単結晶モジュールの優れた性能を示しています。LONGi Solarは、お客様の信頼と期待に応えて更に信頼性と効率が高い製品を作り、より費用対効果の良いサービスをお客様に提供するため、懸命に取り組んでまいります。」と語りました。

18年の経験、そして、単結晶R&Dへ過去5年間で18億元(約300億円)以上の多額の投資より、LONGi Solarは現在、約500人の人員、技術能力、高度な品質管理システムと共に世界的に認められた先進的なR&D能力を持っています。これらの強みを基盤として、LONGi Solarは引き続き製品品質に注力し、最高クラスのLCOEソリューションを提供し続けることでしょう。

Photo - (リンク »)

(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]