富士通と英Blue Prism、エンタープライズ領域のRPA分野でグローバルに協業することで合意

Blue Prism株式会社 2018年03月30日

From PR TIMES

富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下 富士通)とBlue Prism
Group plc(本社:英国ロンドン、CEO:Alastair Bathgate、以下 Blue Prism)はこのたび、RPA(注1)分野においてグローバルで協業することで合意しました。

近年のデジタル革新の中で、生産性・品質向上を目的とした業務の自動化に対しRPA活用が注目され、個々の業務でのPoC(概念実証)から本格的な導入、さらには全社規模の自動化がはじまっています。

このたび、RPAソリューションのさらなるニーズ拡大を見据えて、富士通とBlue Prismは、RPA分野においてグローバルで協業することで合意しました。両社は、本協業により、グローバルにおいて特にエンタープライズ領域の大規模システムへの実績があるBlue PrismのRPAソフトウェア「Blue Prism」を、富士通のAIなどの最新技術の適用や、共同ソリューション企画・提案・PoCなどを通じて、欧州、北米、日本などのお客様のRPA活用の立ち上げと運用定着・拡大の仕組みづくりを支援していきます。

【 Blue Prismについて 】
Blue Prism(AIM: PRSM)は、エンタープライズ向けのRPAソフトウェアを提供する英国大手のRPAベンダーです。2017年にBlue Prismは、MIT Tech Reviewにて最も賢明な50社に選出され、2017 UK Tech awardsを受賞、2018年のEverest ResearchのPEAK Matrix AssessmentレポートではRPAのマーケットリーダーとして認知されました。現在、様々な企業がBlue PrismのRPAソフトウェアを導入し、数十億件に及ぶ処理や数億時間分の作業が代替実行されています。Blue Prismは、金融、エネルギー、通信、保険、物流、BPO、医療、製造業など、広範な業種業界に適用できるRPAソフトウェアを提供しています。

【 商標について 】
記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【 注釈 】
(注1) RPA : Robotic Process Automation。これまで人間が行っていた定型作業をソフトウェアロボットが代替することで、主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取り組みを行うことである。人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われている。

以 上

<本件に関するお問い合わせ先>
富士通コンタクトライン(総合窓口)
電話:0120-933-200
受付時間:9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)

Blue Prism株式会社
営業部
電話:03-5404-3835

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。