ウィーンでの会議実績:2017年、再び10億ユーロ以上の経済創出

ウィーン市観光局(Vienna Tourist Board) 2018年04月20日

From 共同通信PRワイヤー

ウィーンでの会議実績:2017年、再び10億ユーロ以上の経済創出

AsiaNet 73117

ウィーン、2018年4月17日/PRニュースワイヤー/ --

ウィーンの会議産業は2017年これまでにない数の参加者数と宿泊数を記録しました。会議による経済創出は過去10年間で3/4以上増加しました。

     (写真:
(リンク ») )

     (写真:
(リンク ») )

2017年、前年と同様に、ウィーンでは4000以上の会議、企業イベントおよび報奨イベントが開かれました。参加者数は 61万1000人(2016年から8%増加)、宿泊数は187万4000泊(9%増加)となりました。ウィーンの会議産業によって発生した全国的な経済創出は2008年以降約78%増加しており、オーストリアの2017年度国内総生産に1兆1630億ユーロ(8%増加)貢献しています。このうち大部分となる79%は国際会議によるものです。ウィーンで開催された会合、会議およびインセンティヴイベントにより、オーストリア全体で年間2万1000の職場が創出されています。ウィーンにおける2017年の合計宿泊数は約1550万泊(3.7%増加-新たに更新)を記録し、このうち12%は会議産業によるものでした。

「ウィーンは中央ヨーロッパのハブとして利便性が高く、多角的なホテルが存在し、会議を開催するうえで最高の場所です」と、ウィーン市観光局 Norbert Kettner局長は説明します。また、「大型会議の主催者はこの点を高く評価し、ウィーンでの開催を継続しています。たとえば、参加者が2万人以上の『欧州放射線学会』は2025年まで毎年ウィーンで開催されます。また、欧州地球科学連合の年次総会も2024年まで開催されます」と付け加えています。オーストリアが欧州連合理事会の議長を引き継ぐ2018年後半は、中小規模の会議も多数、予定されています。ウィーンは現在、世界約200都市から直行便でのアクセスが可能で、ホテルの総ベッド数は約6万6000床です。ウィーン市観光局のウィーンコンベンションビューローはウィーン市とウィーン商工会議所により支援されています。

詳しくは、下記まで:
ウィーン市観光局
Isabella Rauter
電話: +43-1-211-14-301
電子メール: media.rel@vienna.info
(リンク »)


ソース:ウィーン市観光局


(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]