DLT Labs (DLTラブス)、日本における事業を開始

DLT Labs Inc. (DLTラブス) 2018年04月24日

From 共同通信PRワイヤー

DLT Labs (DLTラブス)、日本における事業を開始

AsiaNet 73208

2018年4月24日 トロント- ブロックチェーン(分散台帳技術)を使った分散データ管理ならびに企業ソリューションを提供する企業として世界的な大手であるDLT Labs (DLTラブス)は、この度日本において、和田俊雄(DLT Japan最高経営責任者兼日本統括責任者)のリーダーシップのもと、DLT Labs Japanを開業いたしました。

DLT Labs (DLTラブス)会長兼最高経営責任者であるLoudon Owen氏は、「日本は過去50年以上にわたり、プロセスイノベーション、ロボット工学、ジャストインタイム(必要なモノを、必要な時に、必要なだけ調達する)を含む数多くの分野において、世界の先頭に立ってきた。ブロックチェーンは、加速しつつある世界的なビジネスの構造転換を下支えすることが見込まれており、DLT Labs (DLTラブス)は、日本の産業が世界で最もダイナミックかつ重要なイノベーターの一つであり続けるものと確信している。」と述べています。また同氏は続けて「日本において幅広くかつ深い人脈を築いている、熟達したビジネスマンである和田俊雄氏と共に営業を開始することを、大変喜ばしく思っている。DLT Japanが弊社事業における礎となることを期待している。」と述べています。

和田俊雄(DLT Japan最高経営責任者兼日本統括責任者)は、「日本企業は、長きにわたり一貫して高い技術優位性を保持しており、既にブロックチェーンのメリットも十分理解している。同時に、多くの調査により証明されているように、ブロックチェーンの技術はまだ標準化されていない。DLT Labs (DLTラブス) は、ブロックチェーン商品に対する需要と標準化されていないことで生じる供給サイドの問題の解決策との懸け橋となる、独自の商品ラインアップを開発している。」と述べています。

和田氏は、日本においてDLT Labs (DLTラブス)の事業拡大の陣頭指揮を執る最適な人材です。金融業界で35年の経験を有し、うち約20年は日本興業銀行およびみずほフィナンシャル・グループにおいて枢要な職務を遂行してきました。また、同氏は資産運用・未上場株・ベンチャーキャピタル等の業務において、深い知識と経験を誇るとともに、多くの新規設立企業との業務にも携わってきました。和田氏は顧客と直接対応する業務に秀でており、国内外の政府、企業および投資家に対する柔軟なサービスの提供において高い評価を得ています。同氏は日本語、英語、フランス語に堪能で、INSEAD(欧州経営大学院)にてMBA(経営学修士)を取得しています。

ブロックチェーン( 分散台帳技術)は安全で改ざん不可な一方、既存システムとの統合は容易であり、信頼性が高く、単一障害点を回避した耐性に優れたシステムです。DLT Labs (DLTラブス)は規模の大きなプロダクトの基礎を構成する、多くの独自商品群を開発してきました。25以上の既存および開発中の商品を持つDLT Labs (DLTラブス)は、ブロックチェーンのアプリケーション開発企業のなかで、先行者利益を享受しています。

・DL Certify(DL認証)は、認証情報を改ざんを防止しながら、データの受領者が所有する形式で配布します。またこの商品は、対外的に検証が可能です。

・DL Data Consent(DLデータ同意)は、分散台帳技術を使用し、メタデータ(個人情報をいつどのように開示するのかについての同意、情報請求、利用履歴などの情報を記述したデータ)の記録の保存および、これら情報の監査に対して安全性を提供します。

・DL Registry(DL登録)は、真偽に疑いの余地がなくアクセスが容易で検証されたデジタル資産を、安心して取引できる仕組みを提供します。重要書類は速やかにかつ安全に配布されます。

・DL Asset Track(DLデジタル追跡)は、透明性があり強固で監査可能でかつ効率的な方法によって、低価格で、取引およびデジタル取引を記録する安全な手法を提供します。

・DL Learn(DL学習)は、分散台帳技術についての技術的側面などについての情報を提供します。

分散台帳技術は、限度容量の拡大、高い安全性と改ざん不可能性をもってデータを発信するとともに、即時の約定決済を可能にします。このように、取引およびその信頼を高める方法に変革をもたらす、

DLT Labs  Inc. (DLTラブス)について

DLT Labs  Inc. (DLTラブス)(以下、DLT)は、企業向けブロックチェーンの開発・実装における世界的なリーダーの企業で、カナダ、インドおよび日本にオフィスを開設しています。分散アプリケーションのデザイナーやインテグレーターからなる世界的に優位なチームを伴いながら、DLTは、企業向けイーサリアム、Hyperledger Fabric、R3の Corda、JPモルガンのQuorumなど、あらゆる分散台帳技術・ ブロックチェーン技術のプラットフォームを活用しながら、多くの法人向けに専門性と経験を培ってきました。DLTは、データおよびデジタルアセットの履歴保存・管理・交換についての企業向けソリューションを提供する、一連の安全かつ拡張可能な分散アプリケーションの設計および展開において、DNCクラスター・フレームワークならびに親子スマートコントラクト・アーキテクチャといった独自開発技術を活用しています。DLTはIBMの承認ビジネスパートナー、ムンバイ証券取引所の技術パートナーです。またDLTは、Blockchain in Transport Alliance(BiTA、輸送アライアンス・ブロックチェーン協会)に加盟しているほか、イーサリアム連合(Enterprise Ethereum Alliance)、HyperledgerおよびLinux Foundationのパートナー企業です。ウェブサイト: (リンク »)

メディア向け照会先:
以下宛てにご連絡ください。
Melony Jamieson, Get it Done!
melony@getitdone.ca
416-518-6355

和田俊雄
toshio.wada@dltlabs.io
090-8855-8435

(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]