アルティメイカーが世界的材料会社と提携

アルティメイカー(Ultimaker) 2018年04月24日

From 共同通信PRワイヤー

アルティメイカーが世界的材料会社と提携

AsiaNet 73180

フォートワース(米国テキサス州)、2018年4月24日/PRニュースワイヤー/ --

連携により、アルティメイカー3Dプリンター用エンジニアリング材料の需要増大に対処

デスクトップ型3D印刷で世界をリードするアルティメイカー(Ultimaker: (リンク ») )は本日、ラピッド+TCT(Rapid + TCT: (リンク ») )において、アルティメイカー3Dプリンターに適合する産業用グレードのエンジニアリング材料の需要増大に対処するため、世界的な材料会社と協力関係を結んだことを発表しました。アルティメイカーは、同社の機械で高レベルの産業用樹脂および複合材料の使用を可能にする共同プログラムの一環として、DSM、BASF、デュポン・トランスポーテーション&アドバンスト・ポリマーズ(Dupont Transportation & Advanced Polymers)、オーウェンス・コーニング(Owens Corning)、三菱、ヘンケル(Henkel)、クラレ、ソルベイ(Solvay)、 クラリアント(Clariant)と提携しました。

アルティメイカーは、大規模な研究開発に基づくソフトウェアと、アルティメイカー3Dプリンターで顧客が安心して材料を使用できるよう、提携各社が材料プロファイルを作成・維持するための知識を提供します。材料プロファイルを使えば、ユーザーは世界中で2百万を優に超える人々が使用する世界有数の3D印刷ソフト、アルティメイカー・キュラ(Ultimaker Cura)で既に設定されているセッティングを使って自動的に印刷することができます。提携は将来の連携の確固たる基盤の役割を果たし、ユーザーの要望に基づく、より進んだアプリケーションへの扉を開きます。

アルティメイカーCEOのジョス・バーガーは、次のように述べました。「高品質の3D印刷はハードウェア、ソフトウェア、材料が最適に調整された結果です。これら世界的な材料会社との戦略的提携は、アルティメイカーのプリンターで最新鋭の産業用樹脂使用への道を切り開き、各社とアルティメイカーの顧客は既存のワークフローの中に3D印刷を確実に埋め込むことができます。この提携により、より多くの3D印刷ユーザーが様々なセグメントや産業のあらゆる状況に適した高機能材料にアクセスできるようになります」

IDC( (リンク ») )によると、2018年には世界が3D印刷技術にかける費用が120億ドル近くに達することが予想されます。企業内で3D印刷がより多く使われるようになると、全製品開発サイクルを通して使用できる材料の必要性が増します。大手自動車メーカーは部品の大部分を作るのに特定の樹脂を使うことがあり、最終結果をより想定しやすくしたり、最終用途部品を即座に印刷したりするために、同じ材料を使った3D印刷の原型に価値を見出すかもしれません。

オーウェンス・コーニングのフロントエンド・イノベーション(Front End Innovation)責任者、クリス・スキナー博士は、次のように述べました。「アルティメイカー3Dプリンターの性能と信頼性は、当社にとってXSTRAND(TM)複合フィラメント開発の鍵でした。アルティメイカーシステムが提供する信頼のおけるプラットフォームにより、我が社のチームはこの成長市場に向けた高性能の工学的ソリューションを効率的に開発することができました。当社は自社および顧客の革新を可能にするため、日々これらのシステムを使用しています」

デカトロン(Decathlon)の積層造形(Additive Manufacturing)リーダー、ジュリアン・ギーエンは、次のように述べました。「当社は良質でハイテクな製品をベストプライスで提供し、スポーツをできる限り多くの人にとって手の届くものにしたいと考えています。アルティメイカーS5(Ultimaker S5)の体積が大きくなったので、靴やヘルメットほか、より多くの製品タイプの原型を3D印刷できるようになりました。オープンフィラメント・システムにより、これらのものを好きな材料で印刷することができます。試行錯誤して、改善することができるのです。原型を作る方法、制作の方法を変えることができます。こうして革新のスピードを上げ、早い段階で新しいコンセプトを評価できるので、時間とコストの節約になります。アルティメイカーS5は、アルティメイカー・キュラのソフトと組み合わせて当社の開発ルートにシームレスで組み込まれ、有用性が改善したことでデカトロン積層造形ラボ(Add Lab)のチームは、必要な顧客に必要な時にふさわしい製品を提供する力を持つようになります」

アルティメイカーについて

アルティメイカーは2011年の創業以来、市場のリーダーとなるまでに成長しました。オランダ、ニューヨーク、ボストンに事務所を、またヨーロッパと米国に製造施設を置き、パワフルかつプロフェッショナル向けで手の届きやすいデスクトップ型3Dプリンターを製造しています。従業員300人を超えるアルティメイカーのチームは、ローカルのデジタル製造に向けた世界の変革を加速させるため、常に最高品質の3Dプリンター、ソフト、材料を市場に送り出すことに努めています。

www.ultimaker.com


ソース: アルティメイカー(Ultimaker)


(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]