編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

スマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」Googleアシスタント標準スマートホームとカスタムの両方に正式対応

ラトックシステム株式会社

From: PR TIMES

2018-06-08 14:01

~Google Homeとの連携がさらに便利に~

ラトックシステム株式会社(以下ラトックシステム)は、本日よりGoogleアシスタントのスマートホーム(Direct Actions)に正式対応しました。対応済みのカスタム(Conversation Actions)とスマートホームを併用することで、Google Homeやスマートフォンに話しかけておこなう家電操作が、より便利になります。



■リリースURL
(リンク »)

[画像1: (リンク ») ]

「スマート家電コントローラ」は、Wi-Fiに接続し、アプリの操作やスマートスピーカーに呼びかけて家電を操作する製品です。スマートスピーカーは、Amazon AlexaおよびGoogleアシスタントに対応。スマホを使って外出先から家電のリモート操作も可能で、本体に搭載の温度・湿度・照度センサーで状況を確認しながら、帰宅前やペットのいる空間のエアコンを適切にコントロールできます。

スマートホームで「OK Google、冷房を25度にして」
カスタムで「OK Google、○○テレビにして」(ショートカット機能使用時)

Googleアシスタントについては、すでに「OK Google、家電リモコンを使って○○して」と話しかけて操作するカスタム(Conversation Actions)に対応済みです。テレビ1台、エアコン1台、照明2台が登録でき、電源オンオフほか、チャンネルや音量の変更など、当社独自で用意したアクションにより細かな操作が可能となっています。Google Homeアプリのショートカット機能を使って「家電リモコンを使って」の省略や「教育テレビにして」などへの置き換えなどをおこない、自然な対話を実現します。

最新のスマート家電コントローラアプリでは、加えてGoogleアシスタント標準のスマートホーム(Direct Actions)に対応しました。対応家電はエアコンと照明で、スマートホームに登録可能な家電は最大20台、アプリに登録されているすべてのエアコンおよび照明が登録対象となります。

スマートホームでは、「家電リモコンを使って」の呼びかけなしにコントロール。ショートカットに登録しなくても「エアコンを20度にして」「キッチンを明るくして」のように、自然な対話でエアコンと照明の細かな操作がおこなえます。また、2台目以降の本製品に登録されている家電も選択できるため、たとえば各部屋に本製品を設置することで、「寝室をつけて」など割り当てられた部屋単位の家電をまとめて操作することも可能です。
[画像2: (リンク ») ]

スマート家電コントローラ(RS-WFIREX3およびREX-WFIREX2)のユーザーは、スマート家電コントローラアプリのアップデート後[Googleアシスタントの設定]から家電登録をおこない、Google Homeアプリでスマートホームへデバイスを追加します。

カスタム(Conversation Actions)の反応速度を高速化(5月8日付)

2018年2月対応開始時、発話の完了から赤外線が出力されるまで6~7秒かかっており、ユーザーの方から反応速度の高速化を望む声が上がっていました。そこで通信処理を見直し、反応高速版のカスタムを公開。同様の呼びかけで、3秒前後まで短縮いたしました。なお、本アップデートに伴うユーザー側の適用作業はありません。
[画像3: (リンク ») ]



アプリをシンプルで見やすい新デザインに(5月16日付)

従来のスマート家電コントローラアプリの使い勝手をそのままに、デザインを一新しました。iPhone Xやタブレットの解像度にも対応しています。
[画像4: (リンク ») ]



今後も、当社では市場が求める機能の追加や改善など本製品のアップデートを進め、スマートホームの普及を加速していきます。


■対象製品
RS-WFIREX3 製品情報(ラトックシステム)
(リンク »)
REX-WFIREX2 製品情報(ラトックシステム)
(リンク »)

■対象アプリ
最新アプリダウンロード(iOS)
(リンク »)
最新アプリダウンロード(Android)
(リンク »)

■関連URL
Webマニュアル(Googleアシスタントとの連携)
(リンク »)
スマート家電コントローラ(ソフトバンク C&S)
(リンク »)


法人様からのお問い合わせ
本製品は、ハードウェア設計からファームウェア、アプリまで、すべて自社で開発をおこなっています。受託開発やシステムへの組み込み、集合住宅や施設への一括導入、各種スマートスピーカーと組み合わせたシステム構築などをご検討でしたら、ソリューション窓口までお気軽にご相談ください。

ラトックシステム 東京支店
コーポレート・ソリューショングループ
Mail: (リンク »)
TEL:03-5847-7600

報道関係の方からのお問い合わせ
製品レビューや撮影などにお使いいただくための貸出機をご用意しています。デモ環境をご用意した取材なども可能ですので、ご希望の方は広報窓口までお問い合わせください。

ラトックシステム 広報(担当:大塚)
Mail: (リンク »)
TEL:06-6633-6744

一般の方からのお問い合わせ
ラトックシステムサポートセンター
Mail: (リンク »)
TEL:【大阪】06-6633-0190【東京】03-5847-7604


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]