~東急電鉄最新ニュース~東急グループの原点である田園都市株式会社設立から100年 現在、そして未来へとDNAを紡ぐ「洗足・大岡山・田園調布まちづくり100年」プロモーションを展開します

東急電鉄 2018年07月05日

From PR TIMES

 東急グループは、“日本の近代資本主義の父”と呼ばれる澁澤栄一がグループの母体にあたる田園都市株式会社を1918年に設立し、今年でちょうど100年の節目を迎えることを機に、グループのルーツから現在、そして未来へとDNAを紡ぐ「洗足・大岡山・田園調布まちづくり100年」プロモーションを展開します。



 1918年当時の東京中心部は第一次世界大戦の戦争特需などで急激な都市化が進み、人口集中による住環境の悪化が問題となっていました。都市での生活に「自然」の要素が欠けていることを憂慮した澁澤栄一は、欧米諸都市の視察をもとに、大都市郊外に自然と都市の長所を併せ持つ理想の街、「田園都市」をつくる構想を温め、田園都市株式会社を設立しました。

 澁澤栄一はその理念のもと、息子の秀雄とともに「田園調布」や、現在の東急目黒線「洗足」、「大岡山」駅周辺地域で開発を着手するとともに、都心へ通勤する鉄道の準備を始めました。「田園都市」構想は、パリの街並みに倣った鉄道駅を中心とする街路や、広い駅前ロータリーと街路樹で「街ぐるみ公園」の実現をねらうなど、当時の日本には前例のない都市計画でした。

 この計画が東急田園都市線「梶が谷」駅~「中央林間」駅までの地域で開発された「東急多摩田園都市」構想へと進化していきました。さらに現在、東急グループが手掛ける郊外住宅地開発まちづくりにおいては、情報発信・活動拠点の設置、まちぐるみの保育・子育てネットワークづくり、地域包括ケアシステムの実現、住まいの相談窓口設置など、時代の変化やライフスタイルの多様化に合わせた取組み強化を図っています。

 今後も東急グループは田園都市株式会社のDNAを継承し、サステナブルな「まちづくり」を行っていきます。本プロモーションの概要は別紙のとおりです。

[画像1: (リンク ») ]


「東急グループ 洗足・大岡山・田園調布まちづくり100周年」 プロモーションの概要

1.プロモーションロゴマークの作成
[画像2: (リンク ») ]

2.特設ウェブサイトの開設
(リンク »)
本日より公開いたします。

3.記念ラッピング電車
 今回のプロモーションを記念して、東急グループのまちづくりをイメージしたデザインを、洗足・大岡山・田園調布を沿線にもつ目黒線の車体にラッピングします。自然と調和した街の中の暮らしをイメージしたぬくもりのあるデザインと、お客さまが沿線の街に思いを向けて頂くきっかけとなるようなメッセージを施しています。
(1) 運行期間 : 2018年8月下旬~2019年3月末予定
(2) 運行区間 : 目黒線(目黒~日吉間) および三田線・南北線・埼玉高速線鉄道
(3) 使用車両 : 5080系車両1編成(6両編成)

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

4. 記念シンポジウムの開催
○名称   洗足・大岡山・田園調布まちづくり100年シンポジウム
○概要   澁澤栄一の描いた理想の街、洗足・大岡山・田園調布から多摩田園都市の成り立ちを振り返り、これからの変化する時代に寄り添う、未来に向けた新しい田園都市像を考えます。
○開催日時 2018年9月22日(日) 開場13:30 開会14:00
○会場   東京都市大学・二子玉川夢キャンパス (東京都世田谷区玉川2-21-1二子玉川ライズ・オフィス8階)
(リンク »)

○参加人数 200名様さま ※申込者多数の場合は先着順とさせていただきます。
参加者には8月17日(金)から招待状の発送をいたします。
○参加費  無料
○プログラム 【第1部】基調講演
「近未来にこそ、真の田園都市時代が到来する」
~ハワードから東京近郊の田園都市、そして明日の田園都市への思想の継承と発展~
涌井 史郎 氏 (東京都市大学特別教授)

【第2部】 パネルディスカッション
「郊外住宅地の明日」
田園都市構想を振り返りながら、戦後つくられた郊外住宅地を対象に、現在の日本の都市計画・郊外まちづくりの現状と課題を洗い出し、次の100年に継ぐ、次世代郊外まちづくり構想について話し合います。

パネリスト:
小林 英嗣 氏 (日本都市計画家協会会長・北海道大学名誉教授)
澁澤 寿一 氏 (NPO法人「共存の森ネットワーク」理事長)
藤村 龍至 氏 (建築家・東京藝術芸術大学准教授・RFA主宰)
真田 純子 氏 (東京工業大学准教授)
東浦 亮典 (東京急行電鉄都市創造本部執行役員)
コーディネーター:
中井 検裕 氏 (東京工業大学教授・元日本都市計画学会会長)

○応募方法   ウェブサイト( (リンク ») )から、
2018年7月5日(木)から8月10日(金)まで、ご応募いただけます。
○主催  洗足・大岡山・田園調布まちづくり100周年シンポジウム実行委員会
○共催  東急グループ、東京工業大学、東京都市大学
○後援  公益財団法人渋沢栄一記念財団、公益財団社団法人日本都市計画学会、認定特定非営利活動法人日本都市計画家協会、大田区、世田谷区、目黒区
○その他  
・詳細は、ホームページ( (リンク ») )でご覧いただけます。
・会場までは公共交通機関をご利用ください。
・お客さまの個人情報は、本イベントに関するお客さまへの連絡・応募対象の確認および個人を特定しない統計資料の作成のみに使用させていただきます。
・当日、事前の告知なく報道関係の取材・写真撮影が入ることがあります。
・当日、主催者・共催者による写真撮影が入ることがあります。撮影した写真等は、主催者、共催者の広報活動に使用いたします
○お客さまからのお問い合わせ先
東急お客さまセンター TEL:03-3477-0109 FAX:03-3477-6109
≪営業時間≫月~金8:00~19:00 土日祝9:30~17:30(年末年始などを除く)


[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]