ARスポーツHADOが台湾進出!台北市内の遊園地でサービススタート!

株式会社meleap 2018年07月18日

From PR TIMES

株式会社meleap(所在地:東京都港区、CEO:福田 浩士)は、台湾の大手アミューズメント業者 智崴集團(代表 : 黃仲銘)と販売パートナーシップを締結し、AR(拡張現実)技術を使用した「HADO」の4種コンテンツを台湾で事業展開します。台湾市場最初の導入先として、敷地面積が約5ヘクタールの台北市立兒童新楽園内にARテクノロジー館「i-FUN HUB! 哈鬥星球」をオープンしました。



「i-FUN HUB! 哈鬥星球」では今流行りのAR拡張現実のテクノロジーと軽量なヘッドマウント装置を使い、直感的な動きで楽しめるテクノロジー体験を提供します。

モンスターを倒すARゲーム「HADO SHOOT」、「HADO MONSTER BATTLE」、そしてMR(複合現実)体験を実現するHoloLensとカートを使ったゲーム「COIN RUSH」が楽しめます。
[画像1: (リンク ») ]


HADOの台湾進出は今回が初めて。HADOは2018年4月に台北で行われた2018春季電腦展に出展、大人気を博し地上波、ケーブルテレビ各社ニュースで大々的に取り上げられました。

HADO(ハドー)とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、今話題の最新のAR技術を使ったスポーツです。3対3のチームでエナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦します。現在、HADOは世界16ヶ国26箇所に店舗を展開し、延べ80万人以上が体験しています。

URL: (リンク »)
[動画: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


【i-FUN HUB! 哈鬥星球の概要】
グランドオープン:2018年7月13日
住所:11169臺北市士林區承徳路5段55號
運営会社名:智崴資訊科技股份有限公司
遊べるコンテンツ:
・HADO
・COIN RUSH(1プレイ NT&150)
・HADO SHOOT(1プレイ NT&100)
・HADO MONSTER BATTLE(1プレイ NT&100)
WEBサイト: (リンク »)

■本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先
【meleap 会社概要】
社名:株式会社meleap
設立:2014年1月24日
資本金:資本金3億9,361万円(資本準備金含む)
所在地:東京都港区芝公園4-1-4 メソニック38MTビル
代表:CEO 福田 浩士
URL: (リンク »)

【智崴資訊科技股份有限公司 会社概要】
会社名:智崴資訊科技股份有限公司 / Brogent Technologies Inc.
資本金:新台幣 446,779,770 元
所在地:高雄市806前鎮區復興四路9號
代表:黃仲銘
事業内容:体感型シミュレーションアミューズメント機器製造販売(體感模擬遊樂設備製造銷售)
取り扱い品目:HADO, COIN RUSH, HADO SHOOT, HADO MONSTER BATTLE, I-RIDE, d-RiDE, V-RiDE360, T-RiDE, GestureMagic, Q-RiDE
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]