文教大学文学部の卒業生 高橋弘希さんが小説「送り火」で第159回芥川龍之介賞を受賞

文教大学 2018年07月19日

From Digital PR Platform




文教大学文学部(埼玉県越谷市)の卒業生で作家の高橋弘希さんが小説「送り火」で第159回芥川龍之介賞を受賞しました。




7月18日(水)、芥川龍之介賞選考委員会が開催され、第159回芥川龍之介賞に選ばれました。芥川賞には今回で4度目の候補作となっていました。

高橋さんは、2014年に小説「指の骨」で文壇デビューし、同作品は新潮社が主催する純文学の新人文学賞である第46回新潮新人賞を受賞。第152回芥川賞候補にも選ばれました。
続く小説「朝顔の日」も第153回芥川賞候補に、そして小説「短冊流し」も第155回芥川賞候補に選ばれ、3作連続の芥川賞候補となりました。

2017年には、小説「日曜日の人々(サンデー・ピープル)」で第39回 野間文芸新人賞を受賞しました。


第159回芥川龍之介賞の詳細および候補者のプロフィールについては以下のホームページをご参照ください。

公益財団法人 日本文学振興会ホームページURL
(リンク »)


▼本件に関する問い合わせ先
文教大学学園経営企画局経営企画課広報担当:野作
住所:東京都品川区旗の台3-2-17
TEL:03-3783-7511
FAX:03-3783-6109
メール:wcntct@bunkyo.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]