成都が天府五輪スポーツ都市を建設して「スポーツイベントの世界都市」の目標に向かう

成都ハイテク産業開発区(Chengdu Hi-tech Industrial Development Zone) 2018年10月11日

From 共同通信PRワイヤー

成都が天府五輪スポーツ都市を建設して「スポーツイベントの世界都市」の目標に向かう

AsiaNet 75657 (1833)

【成都(中国)2018年10月10日PR Newswire=共同通信JBN】中国の最上位都市である北京、上海、広州で五輪、アジア大会、F1、ATPマスターズ1000といった世界的に影響力のあるスポーツイベントが連続して開催されたのを受け、中国のさらに多くの新興で急速に成長している都市もスポーツを通して国際的な人気と名声の向上を望んでいる。今年、成都はその開発目標として「スポーツイベントの世界都市の構築」を掲げた。主要なスポーツイベントを招致・主催する基盤として成都ハイテク産業開発区(Chengdu Hi-tech Industrial Development Zone)の中に天府五輪スポーツ都市(Tianfu Olympic Sports City)を構築するため、260億8000万人民元の投資が予想されている。

成都の南東部にあるハイテク産業開発区の東エリアに位置する天府五輪スポーツ都市の広さは86平方キロである。将来的に同スポーツ都市は「山岳スポーツエリア、ウオータースポーツエリア、中核エリア」の3区画を統合した大規模なスポーツ複合施設になり、長期的には五輪を主催する要求を満たすものになる。

今年3月、天府五輪スポーツ都市のインフラ構築が正式に始まった。6月に成都は天府五輪スポーツ都市のマスタープラン概念と都市デザインの国際的なコンサルティングを開始し、世界的に有名な104の組織から成る70のデザインチームを集めた。評価会議の第3段階がこのほど終了し、3つの国際的なトップデザインチームが最終選考に進んで天府五輪スポーツ都市の最終デザインをめぐって競い合う。その中でSasaki Associates, Incは北京五輪の計画・設計に参加し、AECOM Ltd.は2012年ロンドン五輪と2016年リオデジャネイロ五輪の全体計画に従事した。

成都はその固有の美食とジャイアントパンダの古里として有名である。しかしその由緒ある伝統に加え、成都ハイテク区はこの古都の別の面を表している。近年、成都は世界観光機関(World Tourism Organization)の総会とChengdu Global Innovation and Entrepreneurship Fair(成都グローバル・イノベーションと起業家精神フェア)を含む、数えきれないほどの国際カンファレンスと展示会を開催して大成功を収めてきた。さらに成都はEU-China Business and Technology Cooperation Fair(EU-中国投資貿易技術協力展示会)の恒久開催地になった。そのため天府五輪スポーツ都市の建設により、成都にもう1つの真新しい国際的な「スポーツという名刺」が加わることは間違いない。

ソース:Chengdu Hi-tech Industrial Development Zone

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]