今年のハロウィンはスマートスピーカーでホラー体験!LINEボットと連動した、LINE Clova用スキル「謎解きサウンドホラーゲーム - ゾンビのまち」を提供開始!

VoiceApp Lab 2018年10月17日

From DreamNews

スマートスピーカー用の音声スキルを研究するクリエイターユニット「VoiceApp Lab(ボイスアップラボ、所在地:京都府京都市、代表:コバヤシトール)」は、2018年10月17日より、LINE株式会社が提供するAIアシスタント「Clova(クローバ)」でご利用いただけるスキル「謎解きサウンドホラーゲーム - ゾンビのまち」の提供を開始しました。


LINE Clova用の音声スキルでありながらLINEボットと完全連動
まったく新しいゲーム体験を実現した「謎解きサウンドホラー - ゾンビのまち」


■ Clovaで体験できる本格的なサウンドノベルゲーム

ー 偶然つながった電話の相手は、ゾンビの街に取り残された少年だった… ー

Clovaを電話に見立て、スキルを起動するとつながる一本の電話。少年との偶然の出会いから、緊迫のストーリーが始まります。ゴールは「ゾンビの街から主人公を無事に救い出すこと」。プレイヤーは、仕掛けられた数々の謎を「音声で」解き明かし、主人公をナビゲートしていきます。

じゃんけんゲームやクイズゲームなど、ライトなゲームが一般的なスマートスピーカーゲームにおいて、本格的なノベルゲームをClovaで体験することができます。

■ 専用LINEボットと連動し、地図を見ながらゾンビのまちを彷徨う
ゲーム序盤で、主人公は地図を手にします。Clovaスキルと連携する専用LINEボット「ゾンビのまちナビ」を友だちに追加しておくと、プレイヤーはスマートフォン上のLINEアプリで地図を見ることができます。
地図以外にも所持しているアイテムや謎を解くヒントになるメモなども、リアルタイムで表示されるため、ゲームの進行をグラフィカルに把握できます。





■ 5分かかる移動には、実際に5分かかるリアルタイム経過システム
主人公が場所を移動する際には時間がかかります。移動に5分かかる場合、プレイヤーは実際に5分待つ必要があります。これによりリアルな時間感覚を体験できます。

■ 仕掛けられた数々の謎を、LINEを見ながらじっくりと解く
ゲームの要所に「謎の金庫」が登場し、出題される謎を解くことでストーリーが進行します。難易度はやさしいものから中程度のものまで幅広く用意されています。
謎を解く鍵はメモや持ち物、つまり、LINE内に表示されるインフォメーションに隠されているため、プレイヤーはこれを見ながらじっくりと考えることができます。たとえば、家のClovaでストーリーを楽しみ、謎が出題されたら通勤通学時にスマホのLINEでじっくり考える、というような生活に溶け込んだ遊び方が可能です。

■ 利用方法
LINE Clovaアプリ内のスキルストアにて「ゾンビのまち」を検索選択し、利用開始有効化することでご利用いただけます。
また、直接対応デバイスに対して「ねぇClova、ゾンビのまちを起動して」と話しかけることで、音声のみで起動することも可能です。

ClovaスキルストアへのURL: (リンク »)

※↑LINE Clovaアプリをお持ちでない方はアプリダウンロードのページへ移行となります。なお、PCからはご利用できません。スマートフォンからアクセスしてください。

■ スキル情報
・スキル名:ゾンビのまち + ゾンビのまちナビ
・プラットフォーム:LINE Clova + LINE ボット
・価格:無料
・オフィシャルページ: (リンク »)
・サンプル動画: (リンク »)


【 LINE Clovaについて 】
LINEは、昨年3月に開催された「Mobile World Congress 2017」にてAIアシスタント「Clova」を発表、同年10月に「Clova」を搭載したファーストデバイスとして、スマートスピーカー「Clova WAVE」の正式販売を開始、また、同年12月にはLINEキャラクターのブラウン・サリーをモチーフとしたスマートスピーカー第2弾「Clova Friends」、本年6月よりさらにコンパクトになった「Clova Friends mini」を発売いたしました。さらに、スキルにおいては、音楽・ラジオ視聴、ニュース・天気の読み上げや、音声操作での「LINE」メッセージのやりとりやLINE無料通話など、続々と開発を進め、日々改善に取り組んでおります。今後も、ユーザーのご意見を積極的に取り入れ、“成長するスピーカー”として、ユーザーの生活をより便利に、快適にサポートしていくことを目指してまいります。

「LINE Clova」公式サイト: (リンク »)

【 VoiceApp Lab(ボイスアップラボ)について 】
VoiceApp Lab は、Google Home や Amazon Alexa、LINE Clova などスマートスピーカー用の音声スキルの研究&開発をおこなうクリエイターユニットです。2017年10月のGoolge Homeの日本上陸時より活動を開始、上記3プラットフォーム向けに延べ30本以上のスキルをリリースしています。特にエンターテイメント系、習慣系スキルを得意とし、蓄積されたノウハウを元に、音声コンテンツのコンサルティングやコラボレーション開発を行っています。

音声ゲームスキル「ヨシオくん危機一髪!」および「どっちでショー」の利用者数は累計4万件を突破するなど、ユーザーの支持を集めています。
(リンク »)

また、九九学習スキル「キャプテン九九」で、アマゾンAlexaスキルアワード2018のファイナリストに選出されました。

HP: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)


【お問い合わせ先】
VoiceApp Lab
担当:小林
Email:info@voiceapp-lab.com


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]