機械学習プラットフォームDataRobotを旭化成に導入

新日鉄住金ソリューションズ株式会社 2018年10月18日

From Digital PR Platform


(リンク »)







新日鉄住金ソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:謝敷 宗敬、以下:新日鉄住金ソリューションズ)は、旭化成株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小堀 秀毅、以下:旭化成)に、機械学習プラットフォーム「DataRobot」を導入いたしました。データ分析の効率化により、各種事業における製造革新を推進します。

旭化成では、中期経営計画「Cs for Tomorrow 2018」の主要施策の一つである「持続的な成長に向けた基盤づくり」の一環として、製造領域におけるデジタルトランスフォーメーションを加速しています。

近年のAIなどのテクノロジーの急速な進展は、ビジネスおよび消費生活のあらゆる場面において、これまでにない便利さ・豊かさをもたらしています。DataRobotは、機械学習におけるモデル作成を自動化・簡素化するプラットフォームであり、世界の優れたデータサイエンティストの知識や経験、最良の実践法をプラットフォームに実装することで、機械学習に要していた時間を大幅に短縮できます。

このたび新日鉄住金ソリューションズは、豊富な導入実績をもとに、旭化成に対しDataRobotの導入など、デジタルトランスフォーメーションに向けたご支援をご提供させて頂きました。

今後もDataRobot国内導入実績No.1のソリューションパートナーとして、お客様のデジタルトランスフォーメーションを全面的に支援し、お客様の業務効率化や価値創造に貢献します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]