拓殖大学と公益財団法人オイスカとの相互協力に関する協定を締結

拓殖大学 2018年10月19日

From Digital PR Platform




拓殖大学と公益財団法人オイスカは2018年10月16日に「相互協力に関する協定」を締結。
学術研究、共同研究の成果の提供及び知的資源の交流、相互の人的交流、双方が
主催する事業への協力・協賛を目指す。




拓殖大学と公益財団法人オイスカは2018年10月16日に「相互協力に関する協定」を締結した。

この協定は、相互に協力し、学術交流・振興及び人材の育成を図り、国際貢献・社会貢献に寄与することを
目的としている。


拓殖大学と公益財団法人オイスカとは、これまでも長年にわたり交流を深めてきたが、今回の協定では、
学術研究、共同研究の成果の提供及び知的資源の交流に関すること、相互の人的交流、双方が主催する
事業へ協力・協賛することとしている。

公益財団法人オイスカは、主にアジア・太平洋地域で農村開発や環境保全活動を展開され、各国の青年が
地域のリーダーとなれるような人材育成のための研修が行われている。
協定締結により、拓殖大学の教育活動において、さらなる国際的な取り組みが広がりが期待される。



調印式にて、公益財団法人オイスカの中野悦子理事長は「人材育成を柱に60余年実施してきた。
今後も生きる力を持った若者を育てたい」、また、川名明夫学長は「現代はAIやIOTなどの先端技術が
取りざたされているが、学生には教室の中だけでなく、海外に目を向け世界で通用する人材になってほしい」、
さらに、福田勝幸拓殖大学理事長は「時代の変化に伴いプロセスが省略されがちだが、実際に現場で活動し、
適応力を身につけてほしい」との挨拶があった。





▼本件に関する問い合わせ先
拓殖大学 広報室
TEL:03-3947-7160
メール:web_pub@ofc.takushoku-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]