UBTechの全地形対応型パトロール・ロボットATRISが北京の首鋼パークで採用

UBTech 2019年01月04日

From 共同通信PRワイヤー

UBTechの全地形対応型パトロール・ロボットATRISが北京の首鋼パークで採用

AsiaNet 76915 (0003)

【深セン(中国)2018年12月31日PR Newswire=共同通信JBN】
*同パークは世界最大のAI業界クラスターの拠点

世界をリードするAIと人型ロボットの企業、UBTechは2018年12月26日、New Shougang High-end Industry Comprehensive Services Park (首鋼パーク)との間でハイテク実演プロジェクトの開発協力契約を結んだと発表した。Shougang AI Industrial Parkは同じ日に営業を開始した。UBTechの全地形対応型パトロール・ロボットであるATRISは同パークにインテリジェント・セキュリティー支援を提供する。

Photo - (リンク »)
(写真説明:UBTech幹部を伴った同社のシオン・ヨウジュン最高技術責任者(CTO)が首鋼パークとの協力契約に調印)

ATRISは首鋼パーク内のセキュリティーパトロールの効率性を向上させ、同パークのセキュリティー人員関係のコストを削減する。UBTechは、北京で進行中の都市開発のモデルとなり、北京が主催する2022年冬季五輪を支援することを目的として、首鋼パークと協力してAI対応デジタルコミュニティーの開発を促進し、AIアプリケーションを特徴とする業界エコシステムを改善する方針である。

Photo - (リンク »)
(写真説明:ATRISは首鋼パーク内で実演プロジェクトとして使用)

首鋼パークはATRISを使うことにより、迅速、効率的で柔軟なスマートセキュリティー・システム、同パーク内の効率的に支援するセキュリティーパトロールを実現することができる。ATRISは、首鋼パークが環境や現場地形に基づくパトロールのための位置、ルート、時間をスケジューリングすることによるセキュリティーパトロールのための総合的スマートソリューションを構築できる自動ナビゲーション機能U-SLAMを装備している。ATRISは悪天候下でもセキュリティーパトロールを実行できることに加え、石畳の道、段差、傾斜した道路など、多くの複雑な道路状況に自動的に適応する。

ATRISは、曇りの時、霧の時、夜間であっても視界内にいる人物を正確に識別することで、24時間パトロールを行い、パーク内の機密エリアを監視することができる。ATRISには、緊急事態が判明したときに自動的に助けを求める「SOS」緊急通報ボタンも付属しており、同パークのセキュリティーセンターとのリアルタイムコミュニケーションを可能にする。

▽UBTech
UBTechは2012年に設立された、世界をリードするAIと人型ロボットの企業である。UBTechは2018年、人工知能企業の1回の資金調達ラウンドとしては最大の資金を調達したことを受け、50億ドルの評価額を達成し、同社の技術面でのリーダーシップを明確に示した。

ソース:UBTech



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]