成人式目前!20歳に一番売れた小説は『青くて痛くて脆い』「2018年 二十歳(はたち)が一番読んだ小説ランキング」発表! ~支持される作家は住野よる! 3タイトルがランクイン~

hontoPR事務局 2019年01月09日

From PR TIMES

-ハイブリッド型総合書店「honto」-

 大日本印刷株式会社(DNP)が株式会社丸善ジュンク堂書店、株式会社文教堂及び株式会社トゥ・ディファクトと共同で運営するハイブリッド型総合書店「honto( (リンク ») )」(※1)は、hontoサービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂、啓林堂書店とhontoサイトで購入された書籍や電子書籍の販売データをもとに集計した、「2018年 二十歳(はたち)が一番読んだ小説ランキング (集計期間:2018年1月1日~2018年12月20日)」を1月9日(水)に発表します。



[画像1: (リンク ») ]


■「2018年 二十歳(はたち)が一番読んだ小説」についてhonto総合書店広報担当が解説
 2018年に二十歳が一番読んだ小説は、 住野よるさんの『青くて痛くて脆い』です。住野さんの作品は他にも『君の膵臓をたべたい』と『また、同じ夢を見ていた』がランクインしています。各作品の表紙イラストが印象的であり、自分の事に置き換えて捉えられる身近な青春を題材としていることが人気の秘密なのでしょう。
 本屋大賞受賞・辻村深月さん『かがみの孤城』、芥川賞受賞・村田沙耶香さん『コンビニ人間』、鮎川哲也賞や「このミス2018年版」第1位の今村昌弘さん『屍人荘の殺人』など文芸賞受賞作品や、『コーヒーが冷めないうちに』など映画化もされた話題の作品もしっかりランクインしており、幅広くアンテナを張っているのがみてとれます。
 感受性の強い二十歳の時に読んだ本は印象に残ることが多く、これからの人生においても有意義になることと思います。10年後や20年後に読み返してみて、当時の感想とどう変化があるのか確めてみるのもおもしろいですね。
(honto広報担当:土佐 勝彦)


[画像2: (リンク ») ]


【第1位】
青くて痛くて脆い ※電子書籍あり
大学の講義中に出会った二人の男女が自分たちの理想の実現を目指し秘密結社を結成する。そして3年後、彼がある決意をする…。思春期のモヤモヤ感が満載です。
著者: 住野よる
出版社: KADOKAWA
電子書籍ストア: (リンク »)
本の通販ストア: (リンク »)

[画像3: (リンク ») ]

【第2位】
羊と鋼の森 (文春文庫) ※電子書籍あり
奥深いピアノ調律の世界に魅せられた青年と彼を取り巻く先輩調律師や双子のピアニスト姉妹との交流を綴る物語。ピアノという音の世界を文字でイメージしながら味わってみてください。
著者:宮下奈都
出版社: 文藝春秋
電子書籍ストア: (リンク »)
本の通販ストア: (リンク »)

[画像4: (リンク ») ]

【第3位】
君の膵臓をたべたい (双葉文庫) ※電子書籍あり
目立たない僕がクラスの人気者の彼女の秘密を偶然知ってしまったことから始まる物語。自由奔放に振る舞う彼女と過ごす時間に戸惑いながらも喜びを感じていく中、やがて…。
著者:住野よる
出版社: 双葉社
電子書籍ストア: (リンク »)
本の通販ストア: (リンク »)

【第4位】 かがみの孤城/辻村深月/ポプラ社 ※電子書籍あり
電子書籍ストア: (リンク »)
本の通販ストア: (リンク »)

【第5位】 また、同じ夢を見ていた(双葉文庫)/住野よる/双葉社 ※電子書籍あり
電子書籍ストア: (リンク »)
本の通販ストア: (リンク »)

【第6位】 真夜中乙女戦争/F/KADOKAWA ※電子書籍あり
電子書籍ストア: (リンク »)
本の通販ストア: (リンク »)

【第7位】屍人荘の殺人/今村昌弘/東京創元社 ※電子書籍あり
電子書籍ストア: (リンク »)
本の通販ストア: (リンク »)

【第8位】 コンビニ人間(文春文庫)/村田沙耶香/文藝春秋 ※電子書籍あり
電子書籍ストア: (リンク »)
本の通販ストア: (リンク »)

【第9位】コーヒーが冷めないうちに/川口俊和/サンマーク出版 ※電子書籍あり
電子書籍ストア: (リンク »)
本の通販ストア: (リンク »)

【第10位】ペンギン・ハイウェイ(角川文庫)/森見登美彦/KADOKAWA ※電子書籍あり
電子書籍ストア: (リンク »)
本の通販ストア: (リンク »)
※タイトル/著作/出版社


■20歳の君たちへ送るhontoオススメを3作品!

[画像5: (リンク ») ]

・十五の夏 上 ※電子書籍あり
「知の巨人」と称される元外交官・佐藤優。当時の日本人が足を踏み入れることが少ない東西冷戦時代のソ連や東欧を高校生ながら一人で旅をした「自叙伝」。若いうちに外の世界を感じることで視野が広がります。ネットだけでは知ることができない生の体験を感じてください。
著者: 佐藤優
出版社: 幻冬舎
電子書籍ストア: (リンク »)
本の通販ストア: (リンク »)

[画像6: (リンク ») ]

・夜と霧 新版 ※電子書籍あり
第二次世界大戦時、アウシュビッツを中心とするナチス強制収容所での心理学者の体験記。対等であるはずの人間が人間に対して行う残酷な行為の数々。人間の尊厳や生きる意味について考えされます。旧版には強制収容所の衝撃的な写真が掲載されています。
著者: ヴィクトール・E.フランクル (著),池田 香代子 (訳)
出版社: みすず書房
電子書籍ストア: (リンク »)
本の通販ストア: (リンク »)

[画像7: (リンク ») ]

・自分のアタマで考えよう ※電子書籍あり
人気ブロガー・ちきりんさんによる事例をまじえたロジカル・シンキングのすすめ。ネットに情報が氾濫している現代において他人の意見に惑わされたり鵜呑みにせずに正しい判断ができるようになる力が必要ですね。
著者: ちきりん
出版社: ダイヤモンド社
電子書籍ストア: (リンク »)
本の通販ストア: (リンク »)


≪ランキング集計概要≫
ハイブリッド型総合書店honto(丸善、ジュンク堂書店、文教堂、啓林堂書店とhontoサイトの本の通販ストア、電子書籍ストア)において2018年12月20日時点で購買者の年齢20歳・ジャンル「小説」の購買冊数のランキングを抽出。<集計期間::2018年1月1日~2018年12月20日)>
※本調査をご利用いただく際は、必ず「ハイブリッド型総合書店honto調べ」と記載ください。


[画像8: (リンク ») ]

<ハイブリッド型総合書店「honto」について>(※1)
「honto」は、ネット書店(本の通販ストア、電子書籍ストア)と、丸善、ジュンク堂書店、文教堂、啓林堂書店などのリアル書店を連携させた総合書店です。「読みたい本を、読みたいときに、読みたい形で」提供するサービスで、本を愛する人をサポートします。
2019年1月現在、honto会員は約490万人、hontoサイトと共通で利用できるhontoポイントサービスは182店舗で展開しています。
≪ハイブリッド型総合書店「honto」公式サイト (リンク ») ≫

<大日本印刷株式会社 会社概要>
・会社名:大日本印刷株式会社(Dai Nippon Printing Co., Ltd.) (リンク »)
・社長:北島 義斉
・所在地:〒162-8001 東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号

<株式会社トゥ・ディファクト 会社概要>
・会社名:株式会社トゥ・ディファクト(2Dfacto, Inc.) (リンク »)
・社長:田宮 幸彦
・株主:大日本印刷株式会社
・所在地:〒141-8001 東京都品川区西五反田3-5-20

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]