編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

フューチャーショップ、LINEの自動配信ツール WazzUp!(ワズアップ!)と連携開始。

株式会社フューチャーショップ

From: PR TIMES

2019-01-10 10:10

~パーソナライズされたLINEメッセージ自動配信を、自社ECで実現~

SaaS型ECサイト構築プラットフォームfutureshopを提供する、株式会社フューチャーショップ(本社:大阪市北区 代表取締役:星野裕子、以下フューチャーショップ)は、株式会社ファナティック(本社:東京都渋谷区、代表取締役:野田大介)が開発、提供するLINEの自動配信ツール「WazzUp!(ワズアップ!)」との連携を開始いたしました。今回の連携により、futureshopをご利用のショップ様はタグを設定するだけで簡単に、WazzUp!を導入いただけます。



[画像: (リンク ») ]

LINE@を利用したメッセージ一斉配信は自社ECサイトでも活用されている中、futureshopではLINEでの一歩進んだコミュニケーションを「LINE連携オプション」で実現しています。LINE連携オプションでは、会員のご登録情報や購入履歴などからターゲットに対して「あなただけ」のメッセージ配信が可能です。その一方、会員の興味関心に合った情報を定期的に配信するためには、体制など継続に向けた運営上の課題がありました。

今回の連携は、課題解決の一助となり得ます。WazzUp!導入後の運用は、「新着商品」や「人気ランキング」、「新着コーディネート」や「新着ニュース」といったサイト上の更新情報をWazzUp!が取得し、配信まですべて自動で実施。会員の興味関心に合わせたセグメント配信まで実現するため、パーソナライズされた効果的なメッセージを配信できます。

また、LINEの活用方法も広がります。商品検索などの自動返信の他にも、LINEメッセージ経由のかご落ちユーザーへのフォローや、再入荷お知らせ実施など、コンバージョン率改善へ取り組むことができます。

すでにfutureshopでWazzUp!を導入いただいている、古着屋JAM(運営:株式会社 JAM TRADING)の中江 勇太様から、以下のコメントを頂戴しています。
[表1: (リンク ») ]


古着屋JAM ECサイト: (リンク »)

サービス概要

◆LINEの自動配信ツール「WazzUp!」について

WazzUp!では「新着商品」や「人気ランキング」、「新着コーディネート」や「新着ニュース」といったサイト上の更新情報を自動で取得し、配信まですべて自動でおこないます。商品の登録や配信の登録も一切不要で、効果の高いLINE配信が実現いたします。他にもブランド・性別・店舗・サイズなど、好きな項目で配信の出し分けが可能。

また「カート落ち(LINE経由の人に限る)」や「再入荷リクエスト」といった各種リマインダーメッセージも自動で配信可能となります。

LINEの有効友だち数が10万人以下であれば「新着商品」や「人気ランキング」を自動配信するプランは月額5万円(税別)。「カート落ち」や「再入荷リクエスト」はそれぞれ月額3万円(税別)で、ご利用可能となります。

LINEのOne to One 配信というと高価なイメージもありますが、LINEにWazzUp!を組み合わせれば、通数課金もなく安価でご利用いただけます。LINE公式アカウントやLINE@など、すべてのアカウントと連携可能ですので、ぜひ高い効果が期待できるLINEの配信出し分けをお試しください。●「WazzUp!」の詳細はこちら
(リンク »)

◆フューチャーショップについて

フューチャーショップが提供するfutureshop( (リンク ») )シリーズは、未来に向けたコマース戦略を創造するSaaS型ECサイト構築プラットフォームです。

国内向けfutureshopは新CMS機能commerce creatorで高いデザインカスタマイズの自由度と更新性を実現している他、ロイヤルティマーケティングに取り組める豊富な機能を有しています。オムニチャネル対応には実店舗とECの顧客統合を行い、さらにきめ細やかなデジタルマーケティングを目的とした、O2Oを実践するポイント統合、実店舗在庫表示機能も備えた「futureshop omni-channel」がご利用いただけます。

越境EC・インバウンド対応時には同じオペレーションの「futureshop overseas」をご利用頂けます。

また、プラットフォーム自体の機能が充実しているだけでなく、他システムとも多数連携し、柔軟性や拡張性にも優れています。"売上を創るEコマースプラットフォーム"を目指し、プロユースに応える高機能であることにこだわり、EC事業者の「やりたいこと」にとことん、応えます。

サービスサイト: (リンク »)
LINE連携紹介ページ: (リンク »)
導入事例ページ: (リンク »)

フューチャーショップ 会社概要


[表2: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]