「画集刊行記念 瀧下和之展」、横浜高島屋7階美術画廊にて、1月9日(水)から1月15日(火)まで開催!ライフワークである「鬼」がモチーフの作品を中心に、約20点が一堂に。

株式会社高島屋 2019年01月10日

From Digital PR Platform



【作品の一例】

(リンク »)
「桃太郎図 モモコロリン。」


(リンク »)
「桃太郎図ノ八百伍拾壱  鬼に金棒。」(二曲一双屏風)


(リンク »)
「鳳凰図」


(リンク »)
「大相撲力士図  不知火」


瀧下和之氏は、1975年熊本県生まれ。東京藝術大学大学院(描画装飾デザイン専攻、中島千波研究室)修了。ライフワークとして、日本古来より伝承される「桃太郎図」をモチーフに、独自の創造力と画力で、ユーモアあふれる鬼や動物たちを描き続けています。
本展では、「桃太郎図」シリーズの新作ほか、鳳凰をモチーフにした作品など、あわせて約20点を展観。

(リンク »)


■高島屋美術部創設110年記念
 画集刊行記念  瀧下和之 展

■1月9日(水)から1月15日(火)まで
■横浜高島屋 7階美術画廊

※午前10時から午後8時まで。最終日は、午後4時閉場。

※お問い合わせ先: 横浜高島屋  TEL 045-311-5111(代表)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]