編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

新たな時代に向けたアートと工芸の融合を目指す注目の作家、市川 透氏の新作約150点を展観。「市川 透 陶展 Liberalism Ver6.21.2」、横浜高島屋7階美術画廊にて1月15日(火)まで。

株式会社高島屋

From: Digital PR Platform

2019-01-10 13:04



市川氏は、1973年東京生まれ。2011年、陶芸家の隠崎隆一氏に師事。2015年、岡山県玉野市で独立。
研究の末、備前の良質な胎土に独自調合した鉱物と酸化金属を組み合わせ、鮮やかな色彩を吹き込むことに成功。色の奥ゆきと鮮やかさ、造形、新たな土の可能性に挑み、精力的に作品を発表し、国内外から注目されています。本展では、市川氏の最新作約150点を展観。

【作品の一例】
(リンク »)


(リンク »)


(リンク »)


(リンク »)

(リンク »)


(リンク »)
市川 透氏 


■市川 透 陶展 Liberalism Ver6.21.2
■横浜高島屋 7階美術画廊
■1月9日(水)から1月15日(火)まで
※連日午前10時から午後8時まで開催。最終日は午後4時閉場。


※お問い合わせ先: 横浜高島屋 TEL 045-311-5111(代表)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]