編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

第32回 東洋大学「現代学生百人一首」入選作品100首、小学生の部入選作品10首を発表

東洋大学

From: Digital PR Platform

2019-01-15 14:05




東洋大学(文京区白山/学長・竹村牧男)は、1月15日に第32回 東洋大学「現代学生百人一首」入選作品100首、小学生の部入選作品10首を発表を発表しました。全国各地から集まった“現代の学生”ならではのユニークな57,446首の作品から選定、毎年大きな反響と多くの方々からのご支持をいただいております。





「現代学生百人一首」は、本学が1987年に創立100周年を迎えた際に、「百」にちなんだ記念行事のひとつとして始めた事業であり、毎年大きな反響と多くの方々からのご支持をいただいております。全国で最も累計応募数の多い短歌コンクール(※)であり、第1回から第32回までの累計応募作品数は1,445,605首を数えます。また、第30回からは文部科学省の後援をいただいています。(※)2019年1月15日 本学調べ


第32回目となる今回は、57,446首の作品が寄せられました。ここに紹介する入選100首からは、2018年の話題や出来事及び日常生活に対する、若者たちの感性をうかがい知ることができます。
テーマである「現代学生のものの見方・生活感覚」を基準に、厳正に審査された入選100首を発表するとともに小学生の入選10首も併せて紹介いたします。
また、学校全体で取組み、多数の優れた作品を応募いただいた学校に贈呈する「学校特別賞」も全国から5校選出いたしました。
詳細は、東洋大学公式Webサイト内( (リンク ») )でお知らせしています。



<第32回 東洋大学「現代学生百人一首」概要>
■テーマ  :「現代学生のものの見方・生活感覚」を詠みこんだ短歌
■応募総数 : 57,446首(内、小学生676首)
■応募校総数: 460校
■応募期間 : 2018年9月21日(金)~10月17日(水)
■選考方法 : 東洋大学「現代学生百人一首」選考委員会にて選考
<選考委員長>
・菊地 義裕 東洋大学文学部教授 
<選考委員>
・神田 重幸 東洋大学名誉教授
・米川 千嘉子氏(歌人/歌誌『かりん』編集委員)
・花山 多佳子氏(歌人/歌誌『塔』選者)




▼本件に関する問い合わせ先
東洋大学 総務部広報課
住所:〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
TEL:03-3945-7571(直通)
FAX:03-3945-7574
メール:mlkoho@toyo.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]