編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

BSA、日本-EU間のデータ移転を認める枠組みの発効を歓迎

BSA│The Software Alliance

From: Digital PR Platform

2019-01-24 15:39


BSA | The Software Alliance(BSA | ザ・ソフトウェア・アライアンス、以下BSA)は、1月23日が日本と欧州連合(EU)間のデジタル経済関係にとって重要なマイルストーンになると表明しました。日本とEUによる数カ月におよぶ交渉の結果、日本- EU間のデータ移転を認める枠組みが発効されることとなったのです。データ移転はAIやデータ分析、クラウド ソリューションなどの発展における鍵であり、あらゆる産業において経済的成功をもたらすものです。個人情報を保護するため、また、両市場間におけるデータの越境移転を容易にするために各管轄下における法制度の十分性を認定したことは、双方の経済と全消費者にとって大きな前進となります。

「BSAは日本の個人情報保護委員会と欧州委員会がこの合意を発効することを歓迎します。日本の個人情報保護法にある柔軟性を維持することで、個人情報の保護ならびに世界における二つの重要な市場間のデータ移転を本枠組みは効果的に促進します。BSAは両政府がこの交渉に費やした努力に敬意を払うとともに、このような合意が日本、ヨーロッパ、世界中で経済成長を促し、雇用創出につながると確信しています」と、BSA|ザ・ソフトウェア・アライアンスのアジア太平洋 政策担当シニア・ディレクター ジャレッド・ラグランド(Jared Ragland)は述べています。

BSA EMEA地域 政策担当ディレクター・ジェネラルのトマ・ブーエ(Thomas Boué)は次のように述べています。「欧州委員会と日本の個人情報保護委員会がこの合意を発効することを歓迎します。個人情報の効果的な保護を確実にしながら、越境データ移転を認める法的根拠を確立することは、21世紀の経済活動にとりなくてはならないことです」
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]