Nexteer Automotiveがインドのチェンナイに新生産施設を発表

Nexteer Automotive 2019年01月30日

From 共同通信PRワイヤー

Nexteer Automotiveがインドのチェンナイに新生産施設を発表

AsiaNet 77260 (0152)


【チェンナイ(インド)2019年1月29日PR Newswire=共同通信JBN】
*インド市場における高品質の製品と即応性の高いサービスを提供する戦略的なフットプリントの拡大

Nexteer Automotiveは29日、インドのチェンナイに新しい生産施設を華々しくオープンしたと発表した。チェンナイはベンガルールとプネーに続くNexteerの3番目の製造工場として、また同社のグローバルな製造フットプリントとして26番目の工場になる。

Photo - (リンク »)
Photo - (リンク »)

同社は、新工場が2019年末までにチェンナイで150の雇用機会を提供すると見込んでいる。

Nexteer Indiaのマダブ・クルカルニ・マネジングディレクターは「チェンナイ工場はNexteer Automotiveの完全子会社で、8336平方メートルの面積を有する。この戦略的な製造フットプリントの拡大により、Nexteerの高品質でセーフティークリティカルなElectric Power Steering (電動パワーステアリング、EPS)とドライブライン製品をインドに届けるとともに、顧客に迅速で即応性の高い、より良いサービスを提供することができる」と述べた。

Nexteer Automotiveの上級副社長兼グローバル最高執行責任者(COO)であるタオ・リゥ氏は「NexteerのEPSシステムは、運転者に対する快適性、コントロール性、および路面の感触を向上させながら、車線維持、パーキングアシスト、車線逸脱警告、交通渋滞支援などの ADAS機能も可能にしている。EPSシステムはまた、自動車メーカーに燃費の向上と排出量の削減を提供する。同時に、車に個性と性能を与える。チェンナイでNexteerの施設を開設し、インドでの生産能力を拡大することは、当社のグローバル戦略において重要な要素であり、この地域における当社の自動車市場での成長への自信を表している」と述べた。

▽NEXTEERについて
直観的な運動制御のグローバルリーダーであるNexteer Automotive(HK 1316)は、数十億ドル規模の世界的ステアリングおよびドライブライン企業であり、電動式・油圧式パワーステアリングシステム、ステアリングコラム、ドライブラインシステム、並びに先進運転支援システム(ADAS)、自動運転技術をOEMメーカーに提供している。同社は南北米州、欧州、アジアに26の製造工場、3つの技術センター、14の顧客サービスセンターを戦略的に展開している。同社は世界の主要地域の顧客50社以上に製品を提供しおり、それにはBMW、フィアット・クライスラー、フォード、GM、PSAグループ、トヨタ自動車、フォルクスワーゲンのほかインド、中国の自動車メーカーが含まれている。www.nexteer.com

▽問い合わせ先
Summer Hou
Director Corporate Affairs Asia Pacific
Tel: +86-21-2215-7108
E-mail: summer.hou@nexteer.com

ソース:Nexteer Automotive

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]