Artprice (北京) -  中国アートに寄せられる大いなる西洋の関心

Artprice.com 2019年01月31日

From 共同通信PRワイヤー

Artprice (北京) -  中国アートに寄せられる大いなる西洋の関心

AsiaNet 77247


北京、2019年1月29日/PRニュースワイヤー/ --

北京や上海のはるかかなた、祖国から何千キロも離れたところで中国アートのマスターピースの数々が残存し、所有主を変えながら、コレクションからコレクションへと渡り歩いています。ニューヨーク、ロンドン、パリ、ブリュッセルの各都市で、西洋のコレクターたちが、中国の作品にみられるまったく異なる描写法や書き方、フォルムやカラーに対するアプローチに魅了され、歴史的な作品‐時には数千年をさかのぼるもの‐を渇望する動きが見られます。

(ロゴ: (リンク ») )

(写真: (リンク ») )
Fang Lijun、自身のアトリエにて、右手にWan Jie (Artron グループ社長)、中央に Thierry Ehrmann (Artprice社長)とともに

Thierry Ehrmannによれば、「ヨーロッパとアメリカでは、とりわけ西洋との間に橋を架けようと試みる20世紀の大作への関心も見られます。この一方で、中国の有名な芸術学校を卒業したコンテンポラリーアーティストたちが、アメリカの名だたるギャラリーから支援を受け、西洋においても最も熱心なコレクターを魅惑しています。」

中国国外の中国人アーティストランキング トップ5
2018年度 Auction Turnover

Zao Wou-Ki (1921年-2013年) ザオ・ウーキー - 3125万600ドル
Zhang Daqian (1899年-1983年) 張大千 - 1850万9500ドル
Pan Tianshou (推定)(1897年-1971年) 潘天寿 - 480万4000ドル
Lin Fengmian (1900年-1991年) 林風眠 -311万8500ドル
Yang Feiyun (1954年‐) 楊飛雲 - 279万3300ドル

中国アート市場の躍進は、世界各国における中国作品の取引全般に重大なインパクトを生じさせています。近年、自国の文化遺産を取り戻したいという中国サイドの性急かつ熱心な意思を受け、多くの中国人アーティストの価格レートが急激に上昇しています。

中国人作家の作品は、徐々に祖国に回帰しはじめています。こうして今日、中国人コレクターが中国作品の最も大きな買い手となりました。結果的に、市場に参戦したいと望む西洋人は、この価格上昇に従うか放棄するかの二者択一を迫られることになりました。グローバルアートマーケットの重心が東洋サイドに傾き、かつてない価格の均衡が生まれつつあります。この状況を真っ先に享受しているのが中国のアート作品です。


メイド イン ヨーロッパのアート

20世紀の初期ならびに中期にヨーロッパに移住した中国人アーティストの作品は、とりわけ西洋人バイヤーのあいだで渇望されています。この傾向は、2008年の経済危機後に顕著になっています。2000年に、San Yu (常 玉)のWoman with arms raised (1920年-1930年頃)が、パリのPiasaにおいて1200ドルで獲得されました。同作品は、さきほど開催されたパリのサザビーズにおいては、17万ドルで販売されています。

こういったケースは、まれではありません。Chu Teh Chunの作品にみられる全般的な価格上昇は、San Yuの作品のものに類似しています。Artpriceの価格指標に準じれば、21世紀以降に+2000%の伸びを記録しています。

フランス国籍を持つ中国人Chu Teh Chunのリリカルな抽象作品の価値が目覚ましい上昇を見せる一方で、 Zao Wou-Kiの作品には、前者の水準を上回る価格上昇が観察されています。近年の両作家の死去(前者が2014年、後者が2013年に死去)によって、この動きに拍車がかかっています。長期的な視野でみれば、価格チャートは実に驚くべき上昇を遂げています。

Zao Wou-Kiの絵画作品23.05.64は、1991年、作品初のオークションとなるパリのBriestにおいて、7万8000ドルで落札されました。続く2000年の12月には、パリのCamelsで、アジア人コレクターによって25万1600ドルで落札されています。そして2018年9月30日、香港のサザビーズにおいて、何と1154万7240ドルという高額で落札されました。

中国作品の故郷回帰

中国アート市場は、香港を通じて世界各国に分散している自国アーティストのマスターピースを回帰させようと務めています。最新の出来事として、去る先月Polyにおいて、11世紀のアーティストSu Shi (蘇 軾)による長さ4,35mの巻物状の絵画が、5920万6800ドルで落札されました。これは、東京Soraikanコレクションで長らく保存された後を引き継いだ、日本の個人コレクションからの出品で、11世紀から17世紀にかけての著名知識人の手による4つの奥付を含みます。

香港の PolyオークションハウスのCEO Alex Changは、2017年のArtpriceアートマーケットリポートにおいて次のように説明しています。「最終的には、東洋と西洋の芸術における交差点が見られるのかもしれない、と考えています。[...]しかしながら、中国の伝統芸術に関していえば、西洋のコレクターの関心は、第一にオブジェと骨とう品に向けられ続け、対するアジア人コレクターは、中国書道と絵画の作品を好む傾向があると思われます。」

アメリカの征服

メジャーなアメリカのギャラリーが、世界における中国のコンテンポラリーアートの普及に決定的な役割を果たしています。すなわち、世界各地の経済的首都に設けられた自社スペースでの展示を催すだけではなく、世界の名だたる現代芸術作品見本市に作品が出品されています。

このような状況において、Pace Gallery (ニューヨーク、ロンドン、北京、香港、パロ アルト、ソウル、ジュネーヴに支部を有する)の貢献によって、おおむね西洋全域において、現代中国人アーティストの全般的な流れが紹介されたといえるでしょう。Pace Galleryにおいて最近展示された12人のアーティストの内、6人が名高い北京の中央美術学院の出身者で、同学院を1980年代後期から200年初頭に卒業しています(Qia Xiaofei)。同院は、中国の芸術的クリエーションにおける驚異的な温床となってきました。しかしながら、あらゆる著名な現代作家がこの学院の卒業生というわけではありません。ともにPace Galleryで展示され、西洋のコレクター間で最も人気のある油絵画家に数えられるZhang XiaogangとYue Minjunは、それぞれ四川美術学院と華北師範大学において芸術を学んでいます。

2019年3月に発表される次回のアートマーケットリポートにおいて、Artprice(代表Thierry Ehrmann)と、特権的提携パートナーであるArtron(代表Wan Jie)は、中国のアート市場のさまざまな様相、ならびに同国のアーティストにみられる上昇人気についての詳細分析を提供する見通しです。


弊社のサービスを試す(無料デモ)
(リンク »)

弊社サービスを購読する
(リンク »)


著作権 (c)2019 thierry Ehrmann – www.artprice.com( (リンク ») )


Artprice について:

Artprice は、Euronext Paris、SRD long only および Euroclear によって、Eurolistに記載されています。7478 - ブルームバーグ:PRC - ロイター:ARTF

thierry Ehrmann により設立 (Who's who公認の経歴を見る ) (c) (リンク ») )

動画で Artprice を見る (リンク »)

Artprice は、美術品の価格および索引データバンクにおけるグローバルリーダーです。3000万件以上の索引と、70万人以上のアーティストをカバーした競売データを有します。Artprice Images(R) は、世界最大のアート市場リソースへの無制限アクセスを提供しています。ライブラリーは、西暦1700年から今日までの1億2600万点に上る芸術作品の画像ならびに出版物を所蔵し、それぞれにArtpriceの美術史家によるコメントが付記されています。

Artprice は、6300にのぼる競売業者からの情報で自社データバンクをたえずアップデートし、世界の主な通信社や7200近くの国際プレス出版社に向け、アート市場のトレンドを発信しています。Artpriceは、450万人のメンバーに向けて美術品の売買における世界的リーダー市場へのアクセス権を提供します。Artpriceでは、アート市場に向けたブロックチェーンを準備しています。これは去る2018年3月に出版され、BPI(フランスの国立科学ラベル)の認定を受けたArtpriceによる2017年度国際アート市場の年次報告です。 (リンク »)

Artpriceは、アート市場における中国のリーダーArtronグループをパートナーとし、緊密な提携関係を構築しています。

Artronグループについて

Artron Art Group (Artron)は、1993年にWan jieによって創立された包括的な文化産業グループで、美術的価値の継承、称揚ならびに普及に取り組んでいます。豊かなアートデータをベースとするArtron社は、アート業界ならびにアートファンに向けて、ITアプリケーション、最新のデジタル技術、イノベート技術や機器を駆使し、プロの鑑識によるサービスとクオリティ製品体験を提供しています。すでに6万冊を超える書籍やオークションカタログを実現したArtronは、世界最大の美術書出版社であり、その年間出版量は3億万冊に上ります。アート部門に300万人を超える専門業者メンバーを擁し、世界的なリーダーとなったウェブサイトには、1日当たり平均1500万人のビジターを集めています。

Artonのウェブサイト:www.Artron.net( (リンク ») )

Artpriceの現代アート市場に関する2017年度年次報告 - 無料アクセス: (リンク »)

Artprice のプレスリリース:
(リンク »)
(リンク »)

Artmarket ニュース:
(リンク ») & (リンク »)
(リンク ») フォロアー数360万人
(リンク »)

本部が有名な現代美術館、the Abode of Chaosにある Artprice のアルケミーと世界をご覧ください (リンク ») :
(リンク »)
(リンク »)

カカオス邸 現代美術館
(リンク »)
フォロアー数350万人

お問い合わせ先: ir@artprice.com

(日本語リリース:クライアント提供)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]