「拾ったUSBメモリの中身を開いてしまう人の割合はなんと45%!」

株式会社Doctor Web Pacific 2019年03月24日

吉政忠志氏によるDr.Webアンチウイルスコラムがマイナビで公開されました。

###
少し前のデータですが、米国でセキュリティカンファレンス「Black Hat USA 2016」が開催され、そこで、297個のUSBメモリを大学内にばらまいて、何個開封されるかを実験したElie Bursztein氏が発表をされました。

Elie氏が大学キャンパスにばらまいたUSBメモリは、ラベルも何も付いていないもの、鍵束付きのもの、鍵束と返却先名札(名前とメールアドレスが書いてある)付きのもの、「Confidential(機密)」と書かれたラベル付きのもの、「Final Exam Solutions(期末試験の解答)」ラベル付きのものの5種類だったそうです。USBメモリの中にはマルウェアが仕込まれており、開封するとどのファイルがいつどこで開封したかがわかる仕組みになっていたそうです。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]