平成30年間のCMタレントランキングまとまる 平成のCM女王は上戸彩!

株式会社ビデオリサーチ 2019年04月04日

From Digital PR Platform


平成30年間のテレビCM出演累積秒数をもとにしたランキングをみると、最もCMに出演したタレントは「上戸彩」でした。2001年に「日清 カップヌ-ドル」で初めてCMに出演して以来、「ソフトバンク」「AOKI」などを中心に同一企業で長く出演を続けています。中でも、2007年から出演の「ソフトバンク」は、彼女の総出演量の40%以上を占め、トップになる大きな要因となりました。直近の2018年では若者を中心に流行した動画投稿アプリ「TikTok」にも出演。新元号「令和」になっても変わらず多くのジャンルでの出演が期待されます。

2位は男性トップとなった「木村拓哉」です。1993年に「大塚製薬 オロナミンC」でCMに初出演して以降、「TBCグル-プ」「日本中央競馬会」などに出演、「トヨタ自動車」「富士通」「ニコン」など上戸彩と同様に同一企業での長期起用が出演量を押し上げる結果となりました。

3位は「所ジョージ」。「ミスタードーナツ」「大正製薬 ZENA」に加え、「日本宝くじ協会」の出演も目立ちます。4位は「三菱UFJ銀行」「積水化学」などのイメージキャラクターに起用されている「阿部寛」。両者の特徴は30年間に亘りコンスタントにCM出演していることであり、これが上位にランクインした要因とみられます。
5位は「綾瀬はるか」で、近年は「日本コカコ-ラ」「パナソニック」など東京五輪スポンサーのCM出演が目立ちます。



平成30年間のテレビCM出演タレントランキング

(リンク »)






テレビ広告統計 
ビデオリサーチのグループ会社であるビデオリサーチコムハウスが、関東・関西・名古屋のCM出稿量を独自の基準によって取りまとめた国内最大のテレビCMに関するデータベース。月報(翌月)、週報(二週後)、テレビCM速報(オンエア翌日)などのタイミングで提供。

株式会社ビデオリサーチコムハウス 
ビデオリサーチのグループ会社で、1969年の創設以来、CMデータをさまざまな角度から収集・分類・分析し、テレビ広告統計データとして提供。


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]