マクドナルドが守る子供たちの安全 平成31年度の新入学児童84万5,000人へ 防犯・交通安全の味方「安全笛」を贈呈

日本マクドナルド株式会社 2019年04月08日

From Digital PR Platform


(リンク ») (リンク ») (リンク »)
日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:日色 保)は、2019年4月に小学校に入学した47都道府県の新1年生を対象に、計84万5,000個(新1年生の人数の内約81%に相当する個数)の「安全笛」を贈呈いたしました。

安全笛は、吹くと「ピーッ」と大きな音で周囲に危険を知らせることができる防犯グッズです。2003年より新1年生に贈呈しており、昨年からは「反射材」を付けて、防犯のみならず交通安全にも配慮し子供たちの「安全」に貢献しています。

近年、不審者による児童への声かけ事案などが相次いでいることから、政府は2018年6月「登下校防犯プラン」をまとめ、社会全体で子供の安全を確保することを重要な課題と位置づけています。また警察庁によると、小学生の交通事故は歩行中が多く、小学1年生の死者・重傷者数は、小学6年生の約3.6倍に上ります。時間帯別では、15時台~17時台に集中しています。「安全笛」を登下校時に身に着けていただくことで、防犯グッズとしての活用だけでなく、夕暮れ時や夜間において自分の存在を自動車の運転手に早く知らせるなど、子供たちの交通安全への貢献につながればと存じます。

また、全店舗の40%にあたる約1,200店舗が、子供が危険な目にあったり、困ったときに駆け込める「こども110番の家」として参画しており、今後も積極的に取り組んでまいります。

さらに「安全笛」の配布と共に、各都道府県の警察本部と連携し、新1年生を対象に「身を守るための安全教室」を実施いたします。新年度がスタートした4月から5月にかけて、子供たちが犯罪や交通事故から「自分の身を守ること」の大切さや方法を学ぶことが出来るプログラムとなっています。

マクドナルドは、変わりゆく社会やお客様のニーズに合わせて進化し続けてまいります。お客様の声を伺いながら、昨日より今日、今日より明日と向上し続け、“a better McDonald‘s”となることを目指して参ります。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]