cotreeと東京大学、共同研究を開始。人工知能を用いてインターネット認知行動療法の実践データの解析を目指す

株式会社cotree 2019年04月10日

From ValuePress!

株式会社cotree(コトリー、所在地:本社 東京都中央区、代表:櫻本真理、以下cotree)と国立大学法人東京大学(所在地:東京都文京区、総長:五神真)は、インターネット認知行動療法の実践データの機械学習を用いた解析に関する共同研究を開始しました。両者は本研究を通じて、うつ病当事者がインターネット認知行動療法を効果的に実践するための知見の創出を目指します。研究期間は、2019年4月から2020年3月までです。この研究結果を生かして、cotreeはインターネット認知行動療法の実践の支援に取り組んでまいります。

株式会社cotreeは、オンラインカウンセリングを中心に「メンタルヘルス x IT」の領域で事業およびサービスを展開しています。U2plus(ユーツープラス)は、認知行動療法をベースにしたうつ病当事者向けコミュニティで、うつ病を抱える匿名のユーザー同士が励まし合い、支え合うことで、回復を目指すSNSです。利用者は、自身の気分や悲観的な考え、それに基づく行動の変化などを記録することを通じて、認知を変化させ、うつ状態を改善していくことができます。


一方、国立大学法人東京大学(大学院医学系研究科 公共健康医学専攻 精神保健学分野 川上憲人 教授、今村幸太郎 特任講師、渡辺和広 助教)は、職場のメンタルヘルスを専門に、認知行動療法を用いた労働者のうつ病予防やインターネット認知行動療法に関する知見を多く有しています。


本研究では、U2plus上で公開されている過去7年間約10,000件の認知行動療法の投稿データを機械学習により解析することで、投稿内容の自動カテゴライズ手法の検討等を通じて、インターネット認知行動療法の支援のための方法を研究します。


cotreeは本研究を通じて、今後も「メンタルヘルス x IT」の領域においてより効果的な支援の実現を目指します。


【cotreeについて】

株式会社cotreeは、「やさしさでつながる社会をつくる」を企業理念とし、支え合い、育て合うつながりを生み出すことを目指し、2014年の設立以来、オンラインカウンセリングを中心に「メンタルヘルス x IT」の領域で事業およびサービスを展開しています。


事業内容:オンラインカウンセリング事業、企業・大学のメンタルヘルスケア支援、Webサービスの運営、スペース事業の運営。URL: (リンク »)




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]