日本初・シニア向け大学院博士課程で「3年分の学費で6年間在学」の制度を新設 -- 東京経済大学大学院

東京経済大学 2019年04月15日

From Digital PR Platform




東京経済大学(東京都国分寺市/学長:岡本英男)の大学院(経済学研究科とコミュニケーション学研究科)では、2019年10月に実施される博士後期課程シニア向け入試の対象者(入学時に満52歳以上)より、3年分の学費で最長6年まで延長が可能になる制度(長期履修制度)を新設する。「社会人の学び直し」のニーズが高くなっている昨今、しかしながら仕事をしつつ大学院へ通うのは時間的に難しいケースが多い。仕事の忙しさが一段落した世代に、自身の経験や興味を基に研究を極めるための十分な時間を提供することが目的だ。




【概 要】

●シニア向け大学院博士課程において、3年分の学費で6年間の在学が可能になる制度を新設
●大学教育としての最高峰である博士課程における研究について、シニア世代に門戸を広くする制度
●東京経済大学経済学研究科博士後期課程とコミュニケーション学研究科博士後期課程で導入


【設置に至る背景】
 東京経済大学は、全国の大学に先駆けて大学院修士課程のシニア入試を2006年から行っており、これまでにシニア大学院生として入学した大学院生は、2006年度からの累計で50名にのぼる。このうち今回新制度を導入する経済学研究科は14名、コミュニケーション学研究科は18名(博士後期課程を含む)で、シニア大学院生の制度をさらに充実させ、学びやすい環境を整える。3年分の学費で6年間在学できる新制度導入により、海外の大学院へ留学した人や、専門職大学院を修了して修士号を取得した社会人なども時間をかけて研究を深めることを可能にした。


【シニア向け大学院博士後期課程入学試験に関して】

・出願期間: 2019年9月2日(月)~9月6日(金)(必着)
・試験日: 2019年10月19日(土)
・説明会: 2019年7月20日(土)10:00~


※出願に先立ち、7月16日(火)より事前相談(要予約)を受け付ける。

 入学試験に関する詳細は、大学Webサイトで確認を。


【メディア関連の方】
 取材をご希望の場合、下記問い合わせ先までご連絡ください。

▼本件に関する問い合わせ先
東京経済大学 総合企画部 広報課
瀧口
住所:東京都国分寺市南町1-7-34
TEL:042-328-7724
FAX:042-328-7768
メール:pr@s.tku.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]