Gapが、一人ひとりの個性と多様性をセレブレイトするGapレインボーウィークをG.W.に開催

ギャップジャパン株式会社 2019年04月17日

From 共同通信PRワイヤー

2019/4/17

ギャップジャパン株式会社

Gapが、一人ひとりの個性と多様性をセレブレイトするGapレインボーウィークをG.W.に開催
個性と多様性を表現したレインボーカラーのコレクションを発売

1969年、アメリカ・サンフランシスコで創業以来、カジュアルなアメリカンスタイルをグローバルに展開するアパレルブランドGapは、お客様、そして従業員の個性と多様性を尊重してきました。ダイバーシティ&インクルージョンと呼ばれるポリシーのもと、国籍、人種、性的志向などに関わらず、公正さ、尊厳、そして敬意を持って接することは企業コアバリューのひとつです。Gapの創業者であるドン&ドリス・フィッシャー夫妻の平等に対する強い思い、そして“Do More Than Sell Clothes(洋服を売る以上のことをしよう)”という理念は、今もなお従業員の心を動かし導き続け、すべての人に対する平等と機会は、日本を含む全世界の従業員のDNAのなかに備わっています。

Gapは、4月23日(火)から5月7日(火)の期間中、ブランドのコアバリューの一つである個性と多様性をセレブレイトする「Gap Rainbow Week(ギャップ レインボーウィーク)」を全国のストアで開催します。期間中は、『レインボーカラー=一人ひとりのカラーの集合体』に見立て、ストアのウィンドウや店内、そしてGapロゴがレインボーカラーで彩られます。
1969年創業時にデザインされた丸みを帯びた特徴的なGapオリジナルロゴ。Gapの第一号店がサンフランシスコのオーシャンアベニュー沿いにデニムとレコードを扱う小さなセレクトショップとして生まれたことから、レコードをインスピレーションにして誕生しました。「Gap Rainbow Week」では、そのオリジナルロゴにGapがいつの時代も大切にしている個性と多様性を表現したレインボーカラーの「Gapオリジナルロゴコレクション」を展開。TシャツをはじめとしたGapオリジナルロゴアイテムを、ウィメンズ、メンズ、キッズ&ベビーで発売します。

【画像: (リンク ») 】

「Gap Rainbow Week」期間中の売り上げの一部は、LGBTをはじめとする全ての人が輝く社会をサポートする認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ( (リンク ») )に寄付され、葉山・一色海岸にて、7月・8月の土日祝日限定で開店するLGBTフレンドリーカフェ、カラフルカフェ on the beachの運営費にあてられます。

また、今年もギャップジャパンは東京レインボープライド2019に参加し、LGBTコミュニティへの支持を表明いたします。4月28日、29日に代々木公園で開催されるプライドフェスティバル会場へのブース出展、パレードに参加し、来場者の皆さまとアライの輪を広げていきます。2014年からアパレル企業ではいち早く東京レインボープライドに参加し、イベントのサポートを続けています。6回目の参加となる今年も、東京レインボープライド2019事務局にGapプライドTシャツとギャップジャパン/TRPオリジナルチャリティトートバッグを寄贈し、イベント当日に東京レインボープライドの物販ブースで販売されます。売上金は東京レインボープライドの運営に役立てられます。 また全国のGap、Banana Republic ストア全店で、ストアスタッフがレインボーリボンを着用してお客さまをお迎えし、LGBTコミュニティへのサポートを一緒に表明してくださるお客様には数量限定で、レインボーリボンを配布いたします。

Gapは2014年から国内のアパレル企業としてはいち早く、Gapロゴをレインボーカラーに彩り、東京レインボープライド、OUT IN JAPAN(アウト イン ジャパン)、Tokyo Superstar Awards(東京スーパースターアワード)など、セクシュアル・マイノリティを支援する団体とのパートナーシップを通して、LGBTをはじめとするさまざまなコミュニティへサポートを行ってきました。

Gapは、一人ひとりの個性が尊重され、平等に評価される世界でこそ初めて成功できると考えています。これからもブランドのルーツを大切にしながら、社会に前向きな変化をもたらすべく未来に目を向け、この平等というビジョンに従って行動していきます。


【Gap オリジナルロゴコレクション】
1969年創業時のgapオリジナルロゴを配した「Gap オリジナルロゴコレクション」Tシャツを発売します。
発売日:2019年4月23日(火)
場所:全国のGapストア(オンラインストア、アウトレットストア含む)*展開アイテムはストアにより異なります。

【Gap Rainbow Week】
期間:2019年4月23日(火)〜5月7日(火)
場所:全国のGapストア(アウトレット含む)*アウトレットストアでの取り扱い商品は異なります。
内容:店内商品50%オフ(一部除外商品あり・特別商品価格一部あり)

売り上げの一部は、LGBTをはじめとする全ての人が輝く社会をサポートする認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ( (リンク ») )に寄付され、葉山・一色海岸にて、7月・8月の土日祝日限定で開店するLGBTフレンドリーカフェ、カラフルカフェ on the beachの運営費にあてられます。

【東京レインボープライド 2019 開催詳細】
日時: 2019年4月27日(土)~5月6日(月・祝)
場所: 東京都渋谷区代々木公園イベント広場、他協力施設や公共スペース等
主催: 特定非営利活動法人 東京レインボープライド
後援: 渋谷区

【ギャップジャパン 施策概要】 
プライドフェスティバルでのブース展開
日時: 2019年4月28日(日) 11:00-20:00 
       2019年4月29日(月・祝) 11:00-18:00
場所:代々木公園イベント広場
内容:レインボーデザインのフェイスシール配布
アライフォトブース
LGBTアライトレーニングの紹介

パレード参加
日時: 2019年4月28日(日)14:00予定
   *弊社パレードのグループにご参加いただく一般の方へプライドTシャツを贈呈



Gapについて
Gapは世界で最もアイコニックなアパレル、アクセサリーブランドであり、アメリカンカジュアルスタイルブランドのオーソリティです。1969年、サンフランシスコで生まれたGapのコレクションは、全てのデニム、クラシックなホワイトシャツ、カーキ、そして必須のトレンドアイテムまで幅広く展開し、モダンなワードローブの基礎を築くためにデザインされています。1987年、ロンドンを皮切りに海外進出を開始して以来、Gapはオンラインおよび直営とフランチャイズ合わせて1,600以上の世界中のストアでカスタマーと関わり続けています。Gapではウィメンズ、メンズのアパレルとアクセサリー、GapKids、babyGap、GapMaternity、GapBody、GapFitといったコレクションを展開しています。Gapブランドはまた、Gap OutletとGap Factory Storeのために特別にデザインされたコレクションを価格重視のカスタマーに向けて提供しています。GapはGap、Banana Republic、Old Navy、Athleta、Intermixを傘下に持つ世界有数の専門小売企業、Gap Inc. (NYSE: GPS)の社名を冠したブランドです。詳しくは、 (リンク ») をご覧ください。








関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]